>  >  > リメイクされたアニメ「ベルセルク」について思うこと
山下ユタカの「接触不良」!!! 第64回

リメイクされたアニメ「ベルセルク」について思うこと

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yamashitayutaka_20160724_01.jpg

Illustrated by 山下ユタカ


なにやらWOWOWでベルセルクのリメイク版が放送されるらしい──と小耳に挟み、チクショー観てえなあ~と地団駄踏んでいたところ、なんと地上波でも観られるとの由! しかもそのことを偶然知ってしまったワケで、そりゃあ否が応でも期待が膨らみ過ぎて暴発寸前(失敬云い過ぎまんた)──胸躍らせてその日を待ち続けたワケですが......ああCGかぁぁぁ。

いやなんか番宣的なプロモーションも観ていたのでCGってコト知ってはいたのだけれど、その番組内で全く新しいCGをお観せします請うご期待!と大風呂敷拡げまくってたので安心してご期待してたワケですよボキとしてわ......、確かに新しい観点を取り入れようとする意気は感じるが、そして斬新な演出も理解出来るが......空回ってる~!(そして眼も回る~!)って気がするレィディオ。まぁ圧倒的にサウンドエフェクトは向上しているけど。

しかしやっぱCGかぁぁぁ......始まったばっかだから決め付けるにゃ尚早だけど今んとこ20世紀ベルセルクの勝ち~ってカンジ、どうかこの感想を早とちりだった......と払拭するクオリティを見せ付けておくれ鷹の団!(がつくってるワケじゃねっての)


山下ユタカ プロフィール
1996年、『LOOSE』で第35回ちばてつや賞ヤング部門準大賞を受賞。
1998年、『週刊ヤングマガジン』(講談社)連載の『ノイローゼ・ダンシング』でプロマンガ家デビュー。
以来、数々の話題作、問題作を世に送り続けている。

コチラもチェック→山下ユタカ公式サイト[艱難辛過阿 獣道]
http://yamashitayutaka.com/