>  > 本当に歩きスマホしたり、危険な場所に立ち入っちゃうのか!? 実際に『ポケモンGO』をやってみた!
R-ZONEゲームっ子通信

本当に歩きスマホしたり、危険な場所に立ち入っちゃうのか!? 実際に『ポケモンGO』をやってみた!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月6日にアメリカやオーストラリアなどで配信スタートとなったスマートフォンゲームアプリ『ポケモンGO』。

 日本で配信される前から「ポケモン探してたら死体見つけちゃった」だの「『ポケモンGO』してたら、車に轢かれちゃった」だの「車を運転しながら『ポケモンGO』やってたら、パトカーにぶつけちゃった」だの「任天堂の株価が2倍になった」だの連日『ポケモンGO』関連のニュースが飛び交っておりました。

 あげく、内閣府が異例の注意喚起をしたりと、日を追うごとに過熱していった『ポケモンGO』ですが、やっと昨日7月22日に日本で配信開始となりました。

 そこで、昔、ポケモンにハマり過ぎて「ポケモンセンタートーキョー」でバイトまでしていた私・蛸山めがねも早速『ポケモンGO』を始めてみることに。


takoyama_20160723_01.jpg


 既に似たようなゲームアプリがゴロゴロ混在しているなか、本物を選んで早速ダウンロード。

 プレイヤーの性別やスタイルを選んで外に出かけてみると、すぐにポケモンと遭遇しゲットできたのですが、実在の世界にポケモンがいる画面に単純に興奮してしまいます。


takoyama_20160723_02.jpg


『ポケモンGO』は歩けば歩くほど、レベルアップしたり新しいポケモンを見つけたりできるのですが、実際の風景と


takoyama_20160723_03.jpg


このようなマップを見比べながら歩いてポケモンを探すので、気づけば"歩きスマホ"していて、自分でも驚くのでした!

 またポケモンを探すのに夢中で、いつの間にか個人宅の駐車場に侵入しかけたりして、本当に内閣府の言うとおり注意が必要なことを実感しました。

 さて『ポケモンGO』はポケモンを探す他にも、ポケモンを捕まえるのに必要なモンスターボールや、いろんなグッズがもらえる"ポケストップ"をいう場所が点在するので、ちょっと街中のポケストップに行ってみると


takoyama_20160723_04.jpg


自分と似たような大人のポケモントレーナー達を、たくさん発見。

 そしてスマホを持って以来初めての驚愕のバッテリーの減りっぷりに、急いで家電量販店に行ってみると、同じような考えの人が、これまたスマホバッテリー売り場にわんさといるのでありました。

 また、この日は配信初日ということもあってか配信が不安定で、知り合いはゲームにログインすらできなかった様子。私もプレイ中にスマホがフリーズしたままとなり、ゲームができない状態になりました。

 すると、元々徘徊することが好きだったのにもかかわらず、『ポケモンGO』がフリーズし、歩いた距離がカウントされていないと気付いた途端、歩き回ったことが急に憎くなる不思議さ。で、家に帰ったら帰ったで、さっきの憎さはコロッと忘れて、夜のポケモン探しに出かけたくなってウズウズするのでした。

 こりゃ、しばらくハマりそうです。......そして、つい最近までやり込んでいた「妖怪ウォッチ」に対して、罪悪感が沸くのでした。

   

蛸山めがね
マンガ家、イラストレーター 白夜書房『懸賞なび』に「懸賞ほう・れん・そう」と「懸賞あるある」連載中。
https://note.mu/octopoda8