>  >  > ラブホ従業員はミタ 第四十四夜「ラブホで霊の出る部屋は決まって◯号室...」
歓楽街の住人が見たニッポンのウラ「ラブホ従業員はミタ」

ラブホ従業員はミタ 第四十四夜「ラブホで霊の出る部屋は決まって◯号室...」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セクハラに嫌気がさして会社を辞めたものの、長引く不景気でいつまでたっても転職先は見つからず、「次の会社が見つかるまで」と腰掛け気分ではじめたラブホテルの清掃員。これが意外と水が合っていたようで......。老若男女、さまざまな人種入り乱れる台東区某所のラブホテル「ホテルニューみのわ」で働く元OLの大塚さん(30)が見た、現代ニッポンの裏側を今宵もそっとお教えします。


おもな登場人物



love_suzukishunin_150.jpg

スズキ主任 ホテル「ニューみのわ」清掃スタッフ現場責任者。ちょっと後ろ向きでシビアな50代。俳優の柄本明似。好きな笑点の大喜利メンバーは「昔出てた古今亭朝次。今の桂才賀ね。真打じゃないのに出てたのは朝次だけだろう」


love_makinosan_150.jpg

マキノさん 60代ベテラン清掃員。明るい下ネタ好きおばちゃん。昔は美人だったと思わせる桂銀淑似。「昔はよく似てるって言われたけど、ポン中と似てるって言われてもねえ」 好きな笑点の大喜利メンバーはたい平師匠。


love_ohotsuka_150.jpg

大塚 コッソリこの連載を書いている清掃員。好きな笑点の大喜利メンバーは「全員」。





夏の夜の鉄板話


 ごきげんよう、大塚です。

 関東は水がめ地域に雨が降らないそうで、水不足が心配ですが、都内はけっこう降っていますね。そういえば「ラブホで取水制限」とか聞いたことないですね。今年もそうならないようにお祈りしています。

 で、先日の雨の日のお話です。

従業員控室でスズキ主任と学生バイトのトヤマくんと3人、ごはんを食べていた時のこと。平日の夕方で、しかも雨ということもあって、けっこうヒマでした。遅番のマダムたちが来るまでには少し時間があります。

「そういえばさあ......」

 おもむろに主任が切り出しました。

「なんでしょう?」

「404号室、新しいのが来てるねえ」

「ナニが新しいんですか?」

「幽霊......」

「えええー?」