>  >  > ラブホ従業員はミタ 第四十三夜「従業員は男性も女性も"早撃ち"を心がけてます♥」
歓楽街の住人が見たニッポンのウラ「ラブホ従業員はミタ」

ラブホ従業員はミタ 第四十三夜「従業員は男性も女性も"早撃ち"を心がけてます♥」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セクハラに嫌気がさして会社を辞めたものの、長引く不景気でいつまでたっても転職先は見つからず、「次の会社が見つかるまで」と腰掛け気分ではじめたラブホテルの清掃員。これが意外と水が合っていたようで......。老若男女、さまざまな人種入り乱れる台東区某所のラブホテル「ホテルニューみのわ」で働く元OLの大塚さん(30)が見た、現代ニッポンの裏側を今宵もそっとお教えします。


おもな登場人物



love_suzukishunin_150.jpg

スズキ主任 ホテル「ニューみのわ」清掃スタッフ現場責任者。ちょっと後ろ向きでシビアな50代。俳優の柄本明似。好きな笑点の大喜利メンバーは「昔出てた古今亭朝次。今の桂才賀ね。真打じゃないのに出てたのは朝次だけだろう」


love_makinosan_150.jpg

マキノさん 60代ベテラン清掃員。明るい下ネタ好きおばちゃん。昔は美人だったと思わせる桂銀淑似。「昔はよく似てるって言われたけど、ポン中と似てるって言われてもねえ」 好きな笑点の大喜利メンバーはたい平師匠。


love_ohotsuka_150.jpg

大塚 コッソリこの連載を書いている清掃員。好きな笑点の大喜利メンバーは「全員」。





従業員の「厠」事情


 ごきげんよう、大塚です。 

 今回はスタッフの慌ただしい日常をご紹介します。

「111号室、そろそろ空(あ)くなー」
 控室でモニターを見ていたスズキ主任がつぶやきました。

 当店は宿泊のチェックアウトは10時、平日フリータイムは10時から17時まで、ご休憩は3時間とありがちな設定ですが、時間ギリギリにチェックアウトされるお客様は実は少ないです。だいたいその前に出られますので、普通はチェックアウト時間は読めません。たまーにですが、5分くらいでお帰りになる場合もあって、ちょっとコワいです。

0623ootuka_toire_thum.jpg

 もちろんギリギリにチェックアウトされるお客様もいらっしゃらないわけではないので、比較的お店が静か(=ヒマ)な時は「あと5分くらいで退室時刻が迫っているお客様」のお部屋番号に自然と目が行くというか、見張ってるというか、そんな感じになるわけです。

 こんな時は、スタッフはすぐに「出動」できるように心身ともにスタンバイしているわけですが、まさかの延長もないわけではないので、油断は禁物です。

 そこで問題になるのが、スタッフのトイレのタイミングなんです。