>  >  > 元関東連合幹部・工藤明男の時事評論「行方不明中の秋良連合会会長の潜伏先」
工藤明男コラム

元関東連合幹部・工藤明男の時事評論「行方不明中の秋良連合会会長の潜伏先」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kudouakio_column_20160611_01.jpg

写真はイメージです


 見立君にはフィリピン逃亡説やカンボジア潜伏説がありますが、六代目山口組直系組織、秋良連合会の秋良東力会長にも、そんな噂が流れているらしいですね。

 現在、大阪府警捜査4課が秋良会長の行方を追っているといいます。容疑は、昨年12月17日、大阪市中央区宗右衛門町の路上で、ゴルフクラブやバットなどの凶器を用いて神戸山口組山健組組員とみられる男性2人を殴ってケガをさせた件に付随した凶器準備集合罪。
 
 同じ容疑で先に逮捕されている、やはり直系組織である一心会の能塚恵会長は、現在、勾留状態にありますよね。

 知人に聞いた話によると、山口組のプラチナ(=直系組長)クラスになると、「本家から指示が出されたら、必ず警察に出頭しなければならない」という取り決めのようなものがあるようです。

 もしも、その命令に対して見立君のように「俺は一生逃げるし、逃げ切れる自信がある。もう日本に未練はない」なんて反抗したら、処分の対象になってしまうようです。

 にも関わらず、秋良会長が出頭していないところを見ると、まだ秋良会長に対して本家からはそういった指示が出されていないのかもしれませんね。

 もっとも、そこまでの大事件ではありませんし、遠からず秋良会長も出頭するのではないでしょうか。

 誰か、見立君にも出頭の指示を出してもらえませんかねえ(苦笑)。




(文=工藤明男)




【工藤 明男 (くどう あきお) プロフィール】
東京都生まれ。作家。杉並区出身の関東連合元リーダー。IT・芸能の分野で活躍。経済界のみならず政界にも幅広い人脈をもっており、現在は複数の企業の筆頭株主として、主に投資と企業コンサルタントの仕事を行なっている。警察当局から関東連合の資金源と目されてきた。表舞台に顔を出したことはない。