>  > 日本で唯一!キャットファイト団体CPE15周年記念大会レポート1 入場者限定大会に潜入!そこで見たものは......
異次元スポーツニュース

日本で唯一!キャットファイト団体CPE15周年記念大会レポート1 入場者限定大会に潜入!そこで見たものは......

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で唯一のキャットファイト団体であるCPEの大会が去る5月19日に東京都江東区にある1stリングで開催された。『何が起こるか解らない!?キャットファイトミステリーツアーpart7』と銘打たれた今大会は15周年3デイズ大会の初日として開催。観客数をあえて35人に限定。シークレット大会として行われたが、今回は特別に本サイトで、その一部を紹介させていただく。


"横綱"とプロレスラーのガチマッチで不穏な空気に......


オンナが本性をムキ出しにして闘うキャットファイトイベントの幕開けは、巨漢ファイターとして注目度急上昇中の"さちこYokozuna"が登場。プロレスラーの佐野直と対戦したが......。

Yokozunaは佐野の攻撃にビクともせずに受け流す......これが、どうにも噛みあわない。なんとなく、不穏な空気が流れる中、Yokozunaがリング上で大の字になり、試合放棄を意図するような行動を取ったのだ。

まるで30年前の前田日明VSアンドレ・ザ・ジャイアント戦のようだ。

catd1-1.JPG

第1試合はノーコンテストに......


両陣営のセコンドの怒号が響く中、団体代表もリングに飛び込んで「お客様に見せるものではない」と判断。結果としてはノーコンテスト判定となったが、キャットファイトでは珍しい殺伐とした雰囲気に包まれてのスタートとなった。

しかし、第二試合からはキャットファイトが本来持っている明るく激しく、そしてエロい試合のラインナップだ。

たとえば、相手からフォールやギブアップを奪った選手が男性器に見立てたバナナを使ってエッチなパフォーマンスを行い、エロ度を競う『バナナマッチ』が、その代表だ。

catd1-2.JPG

ファイターの目の前にぶら下がるバナナに観客は釘づけ


今回はバナナに練乳をぶっかけるなど、例年以上に刺激的なバナナタイムが続出。35人の観衆が思わず垂涎という事態になった。