>  > 【アウトサイダー直前】前田日明、吠える!「本当の不良が出てこれなくなった理由」
R-ZONE独占インタビュー【前編】

【アウトサイダー直前】前田日明、吠える!「本当の不良が出てこれなくなった理由」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「THE OUTSIDER40」
5.29@ディファ有明 直前緊急企画!!

0524maeda01.jpg


株式会社RINGS CEO
前田日明(AKIRA MAEDA)
直撃インタビュー【前編】

 格闘王・前田日明が主催する総合格闘技イベント「THE OUTSIDER」の第40戦が、5月29日(日)にディファ有明にて開催される。今大会の大きな見どころは、 軽量級選手らがしのぎを削る「50-55 王者決定トーナメント」ではないだろうか。

リングス時代はビッグサイズの"バケモノ"たちによる闘い模様を構築してきた前田氏が、ついに軽量級プロデュースに本腰を入れるのだ。

そして今大会には、朝倉未来選手との一戦(ノーコンテスト)で名を上げ、奇しくも注目の存在となったRyo選手も参戦。前田日明が指導者としてRyoや朝倉兄弟にどのような思いを抱いているか? そして、OUTSIDERプロモーターとしてRIZINとどのように距離を取るつもりなのか? 

今回、当サイトでは前田日明氏に直撃インタビューを敢行し、スレスレの部分まで深く掘り下げることに成功している。2日にわたっての掲載となるが、是非とも刮目していただきたい。前田日明の歴史を知る人ほど、興味深い内容となっている。

(取材/文=寺西ジャジューカ)


前田日明 プロフィール
まえだ・あきら 1959年1月24日生まれ。身長:192cm、体重:115kg。大阪府大阪市大正区出身。格闘家。空手を皮切りに、新日本プロレス→UWF→リングスCEO。HERO'Sでスーパーバイザーを務めた後、2008年第2次リングスをスタート。「THE OUTSIDER」大会をプロデュースする。趣味:釣り、読書、日本刀の収集・研究。著書に『格闘王への挑戦』講談社(1988年)、『パワー・オブ・ドリーム』角川書店、『誰のために生きるか』PHP研究所(1992年)、『最強の自分をつくる』PHP研究所(1994年)、『真格闘技伝説 RINGS』ピンポイント(1994年)、『無冠』集英社(1998年)、その他関連図書多数。