>  > 清原"覚せい剤"裁判の傍聴券の価格が判明!
事件の報道されない裏側「裁判傍聴バカ一代」の今井が行く! 

清原"覚せい剤"裁判の傍聴券の価格が判明!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清原の裁判に並んだ3769人の正体

  朝から雨の5月17日(火)、プロ野球の元スーパースター、清原和博氏(48)を被告人とする「覚せい剤取締法違反」の第1回公判が東京地裁であった。

 開廷は13時30分、その傍聴券の抽選は、裁判所の敷地内ではなく、広い広い日比谷公園で行われた。締切りはなんと11時。早っ。
 俺は野球には特に興味はない。けど"傍聴券祭り"の賑わいを見に行ってきた。
 


0517imai2.jpg

降りしきる雨の中並んだ人数3769名(撮影=今井亮一)


 午前11時31分付けのTBSニュースがこう報じてる。
 
「逮捕以来、105日ぶりに公の場に出る清原被告がなにを語るのか、裁判を傍聴しようと多くの傍聴希望者が詰め掛けました。傍聴を希望する人にはリストバンド型の整理券が配られ、この番号をもとに抽選が行われます。」
 
 同日午後3時17分付けの朝日新聞はこう報じてる。
 
「地裁は同日午前、傍聴券の抽選を近くの日比谷公園で実施した。一般傍聴席は20席。抽選のための整理券を求め、3769人が列をつくり、倍率は188倍となった。」
 
 こういう報道を見て、世間の方々はどう思うんだろう。

「そんなにも多くの人が傍聴したがったのか。清原人気、やっぱすごいなぁ!」

 ...とか思ったら大間違い!

 自分でどうしても傍聴したくて来た人は、100人、200人、いたのかな。
 その人数は定かじゃないが、確かなことがひとつある。

 3769人の多くは"並び屋さん"だってことだ!
 


0517imai1.jpg

純粋に傍聴したい人も並び屋も平等にテントで整理券をもらう。テントは整理券=右手首へのリストバンドの取付所。(撮影=今井亮一)