>  >  > 元関東連合幹部・工藤明男の時事評論「九州・久留米 道仁会という組織」
工藤明男コラム

元関東連合幹部・工藤明男の時事評論「九州・久留米 道仁会という組織」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kudou_column_20160507_01.jpg

wikipedeia「久留米駅」より(リンク


 業界関係者の話によると、九州の久留米という地域は、一種独特の風土があるらしいですね。

 その風潮は隣接する広川町にも根強いているようで、そのあたりで何かトラブルを起こせば、すぐに久留米市に本部を置く道仁会が動き出すと聞きました。

 たとえば、久留米市で、よその組織の人間がただお酒を飲んでいただけでも、場合によっては「なんでウチを通してくれんのですか」となってもおかしくない風潮があるというのですね。

 数日前に起こったトラブルも、そういった風潮があるからこそ起きたのではないか、と言われているようです。

 ある大手ヤクザ組織の親族──その人間自体はカタギだったようなのですが──親族の威光を借りてヤクザまがいなことをしていたら、問答無用であっという間に道仁会の人に叩き出されてしまったらしいんです。

 一時は、関係者の間でも、「もっと大きなトラブルに発展するのではないか」「事態が緊迫するのではないか」と言われていたようなのですが、6日に行われた話し合いで、どうにか手仕舞いの方向に向かったと聞きました。

 また、久留米市だけではなく、同じ福岡県の小倉という街も、そういった風潮が強いと聞いたことがあります。

 一口にヤクザといいますが、北海道東北、関東に関西、そして九州と、それぞれの土地に、それぞれのスタイルのヤクザがいるのだな、と改めて思わされましたね。

 もちろん、僕は知人から聞いただけの話なので、例によって詳細はわかりません。あしからず。




(文=工藤明男)




【工藤 明男 (くどう あきお) プロフィール】
東京都生まれ。作家。杉並区出身の関東連合元リーダー。IT・芸能の分野で活躍。経済界のみならず政界にも幅広い人脈をもっており、現在は複数の企業の筆頭株主として、主に投資と企業コンサルタントの仕事を行なっている。警察当局から関東連合の資金源と目されてきた。表舞台に顔を出したことはない。