>  > 【緊迫インタビュー後編#2】格闘王・前田日明、猛る!「RIZINのマッチメイクはド素人!」
R-ZONE独占インタビュー【後編】Part.2

【緊迫インタビュー後編#2】格闘王・前田日明、猛る!「RIZINのマッチメイクはド素人!」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社RINGS CEO
前田日明(AKIRA MAEDA)
直撃インタビュー【後編】Part.2


力がある選手は、外に打って出てもいい。しかし、そのレベルに達してない奴は......


0524maeda05.jpg

──巌流島、ROAD FCなどOUTSIDERの選手が外へ打って出る機会が増えつつある流れを感じるのですが......

前田 今度、リングス所属の三浦(広光)もパンクラスに出る。で、その興行には吉永(啓之輔)も出るんですよ。吉永の相手は、田村彰敏という元修斗世界ライト級チャンピオンで。

──危険な相手ですね......。

前田 吉永は技術はあるんだけど、あいつももうちょっと筋力とパワーがあったらガラッと違う選手になりますよ。技術的な部分では、そこまで行ってるんですよ。でも、基礎体力という部分を軽視して。あと精神的な部分で、OUTSIDERに上がる前はZSTとかいろんな所に出てたんだけど、出る度にケチョンケチョンにやられてたんだよね。プロに対しての苦手意識っていうのが、過去のイメージからあると思うんだよね。OUTSIDERでもプロとマッチメイクすると、いつもしょうもない負け方するんだよね。なんでこうなっちゃうの? っていう。

──力が出ない?

前田 力が出せない。気負いすぎるみたいな。本人は「苦手意識がある」なんて言わないけど、俺から見たら。

──吉永選手が今回パンクラスに上がる経緯は、自分から「出たい」と?

前田 そう、出たいって。

0524maeda06.jpg

──じゃあ、吉永選手本人も「なんとかしたい」という思いがあるかもしれないですね。彼のように「外に出てチャレンジしたい」「名を上げたい」という希望があるなら、前田さんとしてはドンドン後押しするという感じですか?

前田 ある程度のレベルがあったらね。レベルもないのに「出たい」って言っても、アホかっていう。