>  > 検証!「大坂にある某風俗店の待合室は100%芸人に会える説」
風俗都市伝説

検証!「大坂にある某風俗店の待合室は100%芸人に会える説」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風俗業界においても都市伝説は存在する。今回の舞台は大坂のある風俗店だ......。


大坂芸人に愛されるM性感店


「大阪ではミナミやキタなどの街を歩いていると誰かしらの芸人に会える」なんて話を聞く。それだけ芸人が多いという喩え話なのだろう。まぁ、ある意味で都市伝説でもある。

osakadensetu-1.JPG

今回の都市伝説の舞台である老舗風俗店「N」

 実際はどうなのか? もちろん、喩え話なので、街を歩いているところに出くわすのは稀であるが、筆者は、うどん屋さんで某大御所芸人さんとカウンターで隣の席になったことはある。しかし、そこは劇場の近所だったこともあり、「東京よりは芸人に会える確率が高い」といった程度だろう。そう思っていた。

 さて、大阪のキタやミナミには数多くの風俗店がある。この大阪の風俗には特徴がいくつかあって、店舗型の場合、やたらとプレイルームが広い店が多い。これは、ソープランドを改装した物件だからだろう。

 御存知の方も多いと思うが、現在、大阪にはソープランドが無い。『国際花と緑の博覧会』、通称・花博が1990年に開催されるにあたり、条例などの波によって消されたのだ。個人的には、これほどの愚行は無いと思うが、起こってしまったことは仕方ない。

 そのソープランドの跡地に、いわゆる居抜きという形で、ファッションヘルスが入ることになる。そして、それまでのソープランドの機能を活かし、マットヘルスが隆盛となった。

 しかし、その後、なぜか大阪では『M性感』というジャンルの風俗が発達。簡単に説明すれば、SMから痛みを取り除いたようなプレイとでも言えば良いのだろうか。女王様ではなく、痴女がジラしを交えてM男を責めるものだが、店舗型のM性感店にも元ソープランド物件を改装して営業している店も少なくはない。

 このM性感の老舗として難波にある『N』という有名店がある。そして、この『N』には、オープン以来、「いつ行っても、待合室に芸人がいる」という都市伝説(と、言うまでも無いが......)がある。

 なぜか? まず、この『N』はお笑いの殿堂ともいえるY本興業の本社事務所が目と鼻の先の場所にある。そして、その事務所に在籍している芸人のケン○バ氏がテレビなどで名前を出して「イイ!」と評価したことで、その名は全国区であったりする。

 また、『N』に在籍する痴女も、土地柄なのだろう。売れない芸人を可愛がる気風の良さがあり、芸人と付き合っている痴女が多いとのウワサもある。なんでも、サ○ンナのY木氏は10年以上前に、『N』のトップ痴女の彼氏......というよりも、ペット同然に"飼われていた"という。

 この件は「サバ○ナなんだから、飼わないで放し飼いにしたれよ!」というオチがついて話されているが......これも都市伝説なのだろうか?

 このような状況から、「いつ行っても、待合室に芸人がいる」という話が根付いたのだろう。しかし、だ。いくらなんでも、「いつ行っても」は無いだろう! なぜならば、その店は年中無休で朝9時から24時まで営業しているんですよ? しかし、気になった筆者は潜入してみることにした。

 驚いたことに『N』は本当にY本興業本社の目と鼻の先にあるばかりか、本館と別館に分かれている。それほど、盛況ということか。

 植え込みに隠された入口をくぐり、受付で料金を支払うと、準備があるので待合室へ通された筆者。都市伝説をチェックするチャンス到来である。が、しかし......。

osakadensetu-2.JPG

別館もあるほどの盛況ぶり

 当然のことながら、風俗店なので店内は暗く、周囲がハッキリと見えない。しかも、BGMの音量がなかなか大きい。このような状況で待っていると、気付いたことがある。それは、待合室でも知り合いとはいえ客同士で会話をしているのだ。

 東京の場合は、知人同士で風俗へ行った場合、待合室ではなんとなく黙ってしまうものである。やはり、そこは大阪たる所以なのだろう。

 そこで、聞き耳を立てていると、筆者の前の席で待っていた二人組が「兄さん、明日は?」と聞けば、「劇場や」といったやりとりが聞こえてきた! 芸人だろう。しかし、目を凝らして見てみても、それが誰なのかは分からない。ぶっちゃけ、見たことが無い。

 「そりゃ、そうやろ。あそこのY本には何百人って芸人さんがおるんやから、きっとペーペーのコやない?」と、お相手になってくれた痴女が教えてくれた。ちなみに、「いつでも待合室で~」という話に関しては、「まぁ、有名無名を含めたら近からず遠からずやろ」とのことだ。

 大阪・ミナミのM性感店『N』の待合室には、いつでも芸人がいるという都市伝説は、50パーセント事実だった、ということだろうか。ちなみに、痴女のテクニックは、かなり気持ち良かったっす!




(取材/文=子門仁)


このコーナーは最強の勃起薬「メイス」の提供でお送りしました

MACE_1111_09.jpg

「男の最終手段」として現在、ネットで大人気のサプリメントMACE L-H-32は、一粒口に含めば大量の血液が海綿体へと流れこみ、即ギンギンの臨戦態勢。しかも効果が約12時間にわたって持続するので、何回戦でも可能というスグレモノ。「近頃、どうも元気がなくて......」というアナタは今すぐチェック。


メイス公式サイトはコチラをクリック