連載小説『死に体』

最終話 光

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「遺書」

1023番 藤城 杏樹



この手紙をヒカリが目にする時には、もうオレはこの世にはいてへんねんな

なんか、もの凄く不思議な気持ちなるわ

本間にありがとうな

こんなオレに尽くしてくれて、支えてくれて本間にありがとうな

オレはこの世に生まれてきたらあかんかった人間かもしれん

でも、ヒカリと英須が、こんなオレのことを大事にしてくれて、こんなことをしてもうたオレやのに、家族やねんからって言うてくれて、オレは本間に嬉かった

あの世はどんな所かわからへんけど、オレはずっと忘れへん

ヒカリと英須がくれた温もり

本間は、生きてる内に、男やったら、もうオレのことはええから、自分の為に、英須の為に、荷物おろして幸せなってくれって送り出さないかんのに、結局言えずに、いつまでも甘え続けてると思う

こんな男でごめんやで


2人に出逢えて、2人の思い出をあの世に持っていくことが出来て、こんな人生やったけど、オレは幸せです

ありがとう

ずっと見守ってる 2人が見上げた空の上からずっと見守ってる

幸せになってほしい 誰よりも幸せになってほしい

オレのせいで苦しい思いさせてしまった分、幸せになってほしい

自分で作家とか、先生とか言ってるくせに、ひとつも気の利いたこと書けてへんな(笑)

いつまでも元気で、その笑顔のままでいて下さい



ヒカリへ