>  > インスタグラムでネット「殺人投票」!
捕まえた相手の殺害、賛否を問う投稿に世界中から「殺せ」の声が……戦雲の中東イラク

インスタグラムでネット「殺人投票」!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「たたかいは創造の父、文化の母である」といったのはかつての日本陸軍だが、
中東などイスラム圏を舞台にした、イスラム国やシリア軍、イラク軍といった対抗勢力の凄惨な闘いは、人が人を殺すスタイルも変えていってしまった。 
 ネットを通じて、人が人を殺すことを、第三者がショーのように楽しむ文化が昨今の中東での戦争が創造されているのだ。
そして、このスナッフショーが、世界から賛成、反対の声を集めて結果次第で処刑、というネットでの殺人投票にまでなっているのだ。


スクリーンショット 2016-04-25 19.56.29.jpg

イラク兵に捕えられたイスラム国兵士。彼が「殺人投票」の対象となった


ツイッターで戦況が刻々と

 シリアやイラクでは、政府軍やクルド人らとイスラム国との戦争が続いている。米国を軸にした有志連合や、また決定的なのはシリアにおけるロシアの本格介入により、シリア、また隣国のイラクではイスラム国は退潮傾向にあり、その領土の30%を失った、という報道がされている。

 この中東の戦争だが、いちじるしい特徴としてはイスラム国にせよ、対抗する勢力にせよ、みなツイッターやインスタグラムでの情報発信を非常に積極的に行っていることが挙げられる。
 戦争の状況が、双方からいくらでもツイッターで流され、リアルタイムで戦況を知ることができるようになっているのだ。


1234.jpg

戦況がすぐ、ツイッターなどにアップされる