>  > メジャーデビューアーティストが熟女風俗嬢になっていた!?
風俗嬢裏インタビュー

メジャーデビューアーティストが熟女風俗嬢になっていた!?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な事情を抱えて働いている風俗嬢たち。今回はある特殊なケースの風俗嬢にその赤裸々なエピソードを聞いた!


メジャーデビューの印税20円


先日、池袋を拠点とする熟女デリヘルでプレイをした時のこと。お相手はアケミさんという店年齢は35歳だが、明らかに実年齢プラス10歳は超えているだろう、スレンダーな、そこそこの美女であった。

その時、私は偶然、世界的に有名なロックバンドのTシャツを着ていた。すると、それに気付いた彼女が「そのバンド、好きなの?」と聞いてきた。

私がうなずくと、「そのバンドの初来日は......」とか「1990年のツアーの時に......」と話し出した。私もそのバンドのディープなファンだと自負していたが、彼女もかなりマニアックだ。しかも、演奏テクニック論まで話し出すではないか。「詳しいっすね!」と言うと彼女からは意外な答えが返ってきた。

「だって、昔、バンドでメジャーデビューしたことあるもん」

え?マジっすか?私が驚いていると、彼女はさらに驚くべきことを言った。

「ぶっちゃけ、その時から風俗でバイトしていた」

あまりにも気になったので、そのバンド名を聞く。すると彼女は「全っ然、売れなかったし、無名中の無名だもの」と、なかなか教えてくれなかったが、やっと聞き出したバンド名を聞いて驚いた。


本当に無名だ(苦笑)。


なんでも、25年前のバンドブームの波に乗ってデビューしたそうだ。私自身、当時、中学生で夢中になったが、アケミさんが言ったバンドに関しては、申し訳ないが覚えていない。

しかし、検索してみると、そのバンドのCDジャケット(縦長の8センチCD......懐かしい)がヒットした。たしかにアケミさんらしき人が映っている。気になってしまった私は彼女に話を聞いてみると、バンドブーム当時の"闇"が見えてきた。

──バンドでプロデビューしたにもかかわらず、風俗で働いていたんですか?

「うん。だって、お金が無いんだもん(笑)

──でも、当時はバンドブームで、たくさん給料をもらえたのでは?

「いやいや(苦笑)。5人組バンドで事務所からの基本給は一人5万円よ。それで、ライブや取材を受けると歩合制の手当てが出るけど、ツアーをしていたわけじゃないから月に10万円いくかいかないか。生活できるワケないじゃん?」

bandjyo-1.jpg

まさかメジャーデビュー経験アリの風俗嬢だったとは※写真はイメージ

──衣装代とかは?

「CDのジャケットで着たのはレコード会社が買ってくれたけど、その他は自前よ。それどころか、健康保険なども自分支払いだったのよ。ただ、練習のスタジオ代は事務所持ちだったんで助かったけど」

──印税とかは?

「CDが売れたワケじゃないからさぁ、1曲につき、最初の1回で6万円位かな?あとは3か月ごとに1,000円とか、600円とかって、どんどん下がっていって、最終的には20円位しか入らなくなった(笑)

──それで風俗に?

「そう。なまじメジャーデビューしてしまったから、ライブやリハがあってシフト制の定時のバイトはできないのよ。そこで、先輩に紹介してもらって。最初は池袋のマンヘル。当時、未許可のマンヘルが多かったからね。でも、25年前だし、ドラマーだから、成り立ったことかも」