>  > DANCE OF SHIVA10周年 in マナリへの道・前編「自分たちの遊び場は作らないと得られない」
「DANCE OF SHIVA」オーガナイザー・インタビュー前編

DANCE OF SHIVA10周年 in マナリへの道・前編「自分たちの遊び場は作らないと得られない」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[Dance of Shiva]
10years Anniversary
in Manali, India /2016.5.2~4

0327manali01_thum.jpg

「DANCE OF SHIVA」オーガナイザー・インタビュー前編

「自分たちの遊び場は作らないと得られない」
  梅原篤史(Atsushi Umehara)


 野外フェスティバルはロック系にはじまり、今や全盛期を迎えているが、ああいった巨大フェスティバルの楽しさは行ったことがある人には説明不要であろう。

 しかし世の中は目に見えないところで面白いことが起きているというもの。今回インタビューさせて頂いた梅原篤史さんは商業フェスではなく、DIY(個人で作る)スタイルの野外パーティーを、マキシマムの規模と楽しさで10年やってきた名オーガナイザーである。そのパーティーの名は『DANCE OF SHIVA』。フェスティバルやイベントではなく、あくまで「パーティー」。このニュアンスの違いは小さいようでいて、とても大きい。

 その『DANCE OF SHIVA』が開催10周年ということで、なんと開催の場を日本からインドのヒマラヤ地方にほど近いマナリで行うというではないか! 発想がぶっ飛びすぎていて最高! 確かに現在の日本国内においてはDIYパーティーを開催しづらい状況はあるのだが、こうなったらご本人にお話を聞いてしまおうということで伺った。 

 今回お送りする前半では、梅原さんが『DANCE OF SHIVA』を立ちあげられる経緯からここに至るまでの道のりを。そして後半では、実際にインドでオーガナイズする現地のオーガナイザーにインタビューさせて頂いた。

(聞き手・須藤鑑)