>  >  > 第52話 時の過ぎゆくままに
連載小説『死に体』

第52話 時の過ぎゆくままに

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載第52回 第三章(十六)

文/沖田臥竜

【ここまでのあらすじ】覚せい剤に溺れ、罪のない3人もの命を殺めた元ヤクザの藤城杏樹は、☓☓拘置所内の四舎ニ階、通称『シニ棟』で死刑の執行を待つ日々を送っていた。


shinitai_20160324_01.jpg


 最後の手紙を受け取ったのは、横山のやっさんの事件を新聞で読んだ日だった。

 明日で御用納めとなる12月28日。やっさんはやってくれた。再び生きて娑婆へと帰れたというのに、また身柄を拘束されたというのだ。

 数行の短い記事だったので、詳しい内容はわからなかったが、──二十八年前の逆恨みか!?──と見出しを太字で書かれた事件は、やっさんが引き起こしたものに間違いなかった。

 その記事によると、28年前にやっさんが逮捕される決め手となった証言をした女性を、刃物で傷つけたというものだった。

 幸い殺人未遂とあったので、相手の女性は死なずに、やっさんは想いを完遂することなく終わってしまったようだった。

 それはよかったと思う。不幸中の幸いだ。だけど、やっさんにとってはどうだったのだろうか。

 本当にやっさんは28年もの間、その女性を恨み続けていたのだろうか。おしゃべりなくせに、そんな話は一度たりとも口に出したことはなかった。言葉通りそれは、時を超えた怨念であろう。

 被害者の女性にとっては、とうの昔に忘れ去った出来事かもしれない。だけど、やっさんは違う。昨日のことのように恨み続けていたのだ。

 やっさんが68歳だった、ということも新聞で初めて知ったけど、もし本当に無実であれば、28年もの間、やっさんがどんな想いの中で生きていたのかわかる分、その無念だってよくわかる。

 28年もの間に、殺されてしまっていたとしても、なんら不思議ではなかったのだ。28年前といえば、当時のやっさんは、ちょうど40歳になるわけで、青春こそ終わって久しいとはいえ、男盛りの働き盛りだ。そこから不当な逮捕で拘束された挙句、いつ殺されてもおかしくない状況にさらされて、28年もの間、怯えに怯え続けていたのだ。

 殺ったくせに恨んでいたのであればこの記事通り逆恨みだが、もしも本当の本当に殺っていないのであれば、女性というのが後味の悪さを残すが、殺しても殺したりん相手ではなかろうか。

 やっさんはこの28年間で、歳月だけではなく、数多くのものを失ってしまった。

 すべてがその女性のせいではなかろうが、それ証言が決め手で逮捕されたのであれば、恨むなというほうが酷だろう。

 それにしても、やっさんの執念は凄まじい。もしかしたら、やっさんはその女性を殺(あや)めんがためだけに、必死になって冤罪を訴え続けていたのだろうか。

 とてもじゃないが、オレにはできぬ芸当だ。いくら殺しても殺したりん人間でも、28年間忘れずに恨み通すことができるだろうか。

 時は思い出を風化させる。姿形も変えていく。時の中では、憎しみさえも流れに杭(あらが)いきれず、薄れ去っていってしまう。それは何も憎しみだけではない。悲しみさえ、時は忘れさせてくれる。

 人は色々な事を忘れて生きていけるから、不幸からでも幸せになれるのではないだろうか。笑える日がくるのではなかろうか。

 それが人間だ。それが人間の営みだ。

 だけどやっさんは恨み続けた。時の流れに逆らいながら、28年間、恨み続けた。

 恨むだけではない。オノレの無念を晴らすために、その一撃を行動に移したのだ。

 やっさんの取った行動を称賛する気はない。馬鹿だな、せっかく生きて娑婆に帰れたというのにもったいない、と思う。

 だけど、やっさんが本当に無実だったとしたら、やったことはいけないことだが、その気持ちはわからないこともなかった。

 凄まじい執念を見せつけられたおかげで、その日、やっさんのことばかりを考えて過ごしていた。

 けれど夕刻に受け取った手紙を読んで、やっさんどころではなくなってしまった。

 そういう手紙は、決まっていけ好かない担当が持ってくる。

 何が気に入らないのかわからないが、コイツの行動一つ一つがいちいちカンに触り、人の気持ちを逆なでする。

 手紙はヒカリからだった。

 オレがもっとも、この世で愛した人からだった。

 そして笑いあったことも、ケンカしたことも、笑顔も涙もときめきも、すべてが思い出に変わろうとしていた。