>  >  > 「うちのお客さん、半分くらい死刑だよな」
ラブホ従業員はミタ 第三十四夜

「うちのお客さん、半分くらい死刑だよな」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「不倫でクビ」は重すぎじゃないですかね


「しかし、あれだなー。不倫してクビになるんだったら、うちのお客さん、半分くらい死刑だよな」
 お湯を入れてから時間が経ちすぎてモリモリになったカップ麺をすすりながら、スズキ主任が言います(「このモリモリ感がまたいい」のだそうです)。

「まったくねえ。ベッキーも本当にかわいそう。これからどうなるのかしらね。それにしても、イクメン議員はやめるとは思わなかったわ。国会で不倫してるセンセーなんて、たくさんいるのに」
 ウチダさんは、「某大手シティホテルの客室係出身」がウリのベテランさんです。真偽はともかく、「国会が近いので、不倫はいっぱい見た」といつになく饒舌。「永田町でいちばんのヘンタイ」はズバリ「エロ拓さん」だそうです。

「愛人に"親子どんぶり"(わかんない人は調べてくださいねー)を強要したとか、本になる前から永田町の先生方は、みんな知ってたわよ。それに市長だった橋○さんだって、コスプレ不倫がバレてたわよね。だいたい子どもが7人もいて。みんな変態だわ。イクメン議員所属の『二階派』には、妻子ある同僚議員と路チュー写真撮られた中○さんもいるしね。中○さん自身はダンナが亡くなってるけどね。みんな週刊誌に載ってる話なのに、謝っただけで、誰も(議員を)やめてないじゃないの。イクメンさんだって、やめることなかったわ」

「なるほど。そういうのは謝罪して、本業をちゃんとやればいいってことですね」

「そうよ。やめたって、また選挙で税金を使うだけなんだから。ただ、『不倫したら辞任な』って前例ができちゃったから、これからは難しくなるわねー。国会議員の役目よりモラル重視ってのも、どうなのかしらね。そんなに厳しくするのは世知辛いわ」

「そうそう、世知辛いんだよ、全体的に。別にクビにしなくたっていいじゃねえか。そういえば昔、選挙で『妾が4人もいるくせに』って攻撃された三木武吉は『いや5人だし。みんな面倒見てるから』って言ったんだけど、大塚は知らねえよなあ」

 ハイ、存じませんでした。三木武夫元首相のご縁戚ではないそうです。しかし、昔は何でもアリだったんですね。ある意味、いいお話です。国会だけじゃなくて、何でもすぐにクビになるのは、確かに世知辛いですね。


 今回もお読みいただき、ありがとうございました。
 なお本連載はプライバシーに配慮いたしまして、登場人物の名前やプロフィルは一部変更しております。ご了承くださいませ。


♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

miyazaki_furin.jpg

宮崎謙介前衆院議員が女性問題で辞職したことに伴う京都3区補欠選挙を、自民党は公認候補の擁立を見送る方針だそうです。




大塚 都内のラブホ「ホテルニューみのわ」(仮)勤務。就職難のため、思い余って清掃員に。水が合っていたようで結構エンジョイしている日々。週刊実話ザ・タブーにて「マル秘連載!! ラブホ清掃員が明かす『男と女の密室エロマンティク』連載中。ツイッターは@ohtuka_luvho