>  > <ファンに広がるウワサの真相>飯島女史退社で焼け野原、それに群がるメリー陣営?
ジャニーズ追跡班

<ファンに広がるウワサの真相>飯島女史退社で焼け野原、それに群がるメリー陣営?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 嵐の松本潤主演のドラマ『99.9‐刑事専門弁護士‐』が発表された。4月からの放映で、TBS系列日曜9時枠となる。松本潤は裁判有罪率が99.9%と言われる刑事事件専門の弁護士・深山大翔を演じる。共演には香川照之、榮倉奈々、奥田瑛二、岸部一徳と錚々たるメンバーが並んでいる。
 このドラマに関して嵐ファンの一部である噂が囁かれている。TBS系列の日曜9時枠は飯島枠であり、それが飯島三智の退社により松本潤が起用されたというものだ。これによりTV番組においてSMAPの衰退は決定的であり、これからは"本当に"嵐の時代がやってくる、と喜ぶファンもいるほどだ。



飯島女史の敗退とその後、テレビ枠の行方

 飯島三智の退社、といってもなんのことだかわからない人も多いかもしれない。だがSMAP騒動、といえばおわかりになる方も多いのではないだろうか。この1月日本のエンタメ界を震撼させたSMAP解散騒動で責任をとって退社したと言われるSMAPのマネージャーが飯島三智だ。

 ジャニーズ事務所はここ数年、その飯島三智とジャニーズ事務所の副社長であるジュリー藤島の2班体制になっており、ふたつの派閥は対立していると言われていた。その結果がSMAPと嵐が共演しないというTV業界の不文律であり、今回のSMAP解散騒動からの謝罪、そしてチーフマネージャーの退社となったのだ。

 騒動を経たこの4月期のTV番組でジャニーズ事務所のタレントたちがどのように配置されるのか、ファンのみならず業界人も注目していたはずだ。飯島班が消滅した結果、SMAPはTVから干され、今後はジュリー班である嵐がより力を強めていく―――その結果がこのTBS日曜9時枠だというのだ。