>  > 清原容疑者に覚せい剤を売ったとされる「売人」の嫁がおもろい件

清原容疑者に覚せい剤を売ったとされる「売人」の嫁がおもろい件

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清原さんよりも周辺の関係者に大注目?

kobayasi_taiho.jpg

密売人とされる小林容疑者の逮捕報道(JNNニュースより)

 ヨシワラです。自業自得とはいえお気の毒だと思う部分もあり、清原さんの取材はあまりしていなかったのですが、思わぬ新キャラ登場で注目せざるを得なくなりました。

「群馬のシャブばばあ」はもう今年の流行語大賞が決まったようなものですが、その「手下」(息子さんではないそうです)で密売人とされる小林さんが逮捕されたあたりで流れが変わってまいりました。

 同居されている女性A子さん(39)のキャラがすごいんですよ。離婚されているとの説もあり、報道では「妻」と「元妻」の表記がバラバラです。でも年齢が書かれているということは、生年月日は明らかになっているんですね。小林さんも逮捕直後の「44歳」から現在は「45歳」に変わっていますから、お誕生日が逮捕直後にあったのでしょう。お誕生日が獄中って、これもお気の毒ですね。

 さて、報道によると、A子さんは金髪、小柄でやせ形。「目がギラついている」そうですが、これって誤解を生む表現ですよね。ダーリンさんがパクられているのに、押しかける記者さんたちにニコニコできるわけないじゃないですか。いかにも「ヤバいクスリでもやっていそう」という印象を受けます。活字の暴力ですね。

 とはいえ、風変りであることは間違いないようで、ご近所の目を気にして記者さんたちをご自宅に入れてくれるのはいいものの、
「刺客か!」
「手土産もないのか!」

とブチキれ、記者さんたちに
「好きな政治家は?」
「座右の銘は?」

と逆質問の嵐。
 A子さんは田中角栄が好きだそうで、そんなお話が延々と続くだけで、なかなか質問できないのだとか。
 
 何時間もしゃべって、ようやく小林さんの逮捕について聞くと、
「あんな浮気者のことは知らない」
とまたお怒りです。

 清原さんと会ったことを認めたことは大きく報道されましたが、逆に言うとそのくらいですし。
「ダンナが清原さんと仲がいいっていうから、『ホントかどうか連れてこい』といったら連れてきた」

そうで、「覚醒剤は知らない」とのことでした。お部屋には清原さんとA子さんのツーショット写真もあったそうです。

 でも、ヨシワラ的にはA子さんとともにメディアの動きも面白いですね。この強烈キャラのA子さんをマスメディアが取り合いしていて、記者同士の小競り合いで警察出動の事態にまでなったそうです。

「面白い人だから、みんなでお話を聞きましょう」というふうには絶対にならないところに、マスメディアの限界があると思います。


(取材・文=吉原美姫)