>  > 【閲覧注意】女装スタジオで男の娘になってみた!
潜入!禁断ゾーン

【閲覧注意】女装スタジオで男の娘になってみた!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なかなか一般人が足を踏み入れない場所に果敢にも潜入した様子をレポートする新シリーズ「潜入! 禁断ゾーン」今回は昨今の男の娘ブームで密かに繁盛しているという女装スタジオに潜入した!


男の娘になってみたい......


先日、某レンタルショップのアダルトコーナーで驚いた。『男の娘(こ)コーナー』が充実しているのだ。マスコミで何度も取り上げられているし、今さらという感もあり、改めて説明をするまでもないが、女のコの格好をした男である。簡単にいえば、女装だ。

女装趣味というものは、もちろん、昔からあった。しかし、どちらかというとコッソリと行うものであり、秘密クラブ的な場所で......という、いわば"隠れた趣味"であった。

しかし、最近ではスタジオ形式で男の娘姿をプロのカメラマンに撮影してもらえる店もあるそうだ。しかも、彼女とお揃いのメイクと服装で"記念撮影"するカップルも少なくないという。

本当かよ?

コトの真相を探るべく、私は都内某所にある女装スタジオに潜入を試みた。

まず事前の調査で、このような男の娘に変身できるスタジオは大まかに分けてふたつあることがわかった。

ひとつは客、つまり、男の娘になる者とスタッフだけで完結させる『マンツーマンタイプ』
もうひとつはサロン形式になっていて、同じ空間に複数の男の娘が居合わせる『コミュニティタイプ』だ。
 
私は迷った。

というのも、男の娘体験をしようと思ったものの、初めてということで照れというのか、あまり他人に見せるものではないと思ったのだ。だから『マンツーマンタイプ』にしようと思ったが、男の娘になっている人の気持ちも知りたいという思いもあり、結局『コミュニティタイプ』のサロン付きのスタジオを探した。

jyosoya-3.jpg

筆者の男の娘完成イメージ

これならば、他の男の娘と歓談もできるだろうし、一人で楽しむのが女装で、複数でワイワイするのが男の娘だと勝手に解釈した。

いざ当日、ドキドキしながらドアを開けると......あれ?

2人の女性スタッフが「いらっしゃいませ」と出迎えてくれたが、それ以外に人の気配が無い。時間帯のせいもあったのか、結局、貸し切りの『マンツーマンタイプ』になってしまった。

料金は2万円で、1コーディネイト、つまり、一着のみ着ることができて、その後、他の服を着たくなったらオプション的に料金が加算されるという。