>  >  > 『超危険物処理班』『◯ンコ好き』.....ラブホ従業員がこっそり語る×××事情
ラブホ従業員はミタ 第三十夜

『超危険物処理班』『◯ンコ好き』.....ラブホ従業員がこっそり語る×××事情

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生いろいろ、ラブホもいろいろ

 ごきげんよう、大塚です。

 オラオラ系のR-ZONEでなぜか首相のゴハン事情を連載中ですね。それで思い出すのは、某元首相の「人生いろいろ、会社もいろいろ」です。夕刊紙などは「ふざけてる!」とお怒りだったと記憶していますが、今思えば深いですよね。

 そして、もちろんラブホもいろいろです。大塚は他店を知らないのですが、お店を渡り歩いてきたベテランスタッフから、いろいろなお話を聞きます。ホントにいろいろとしか言いようがないのですが、意外に共通点も多いので、そんな「あるある」をまとめてみようと思います。

1.「女性スタッフは離婚歴アリ、男性スタッフは独身が多い」
 女性はバツ3の猛者(失礼)もいます。「オトコはもうコリゴリだわあ。ガハハハハ」と笑いながら、イケメン芸能人に詳しく、「オマン●してる?」と男子スタッフのプライベートにも鋭くかつストレートに切り込むたくましさは見習いたいです。彼女に限らず、全体的にオバチャンはキツめの下ネタが多いです。笑ってないでメモしておいてネタにしたいとも思うのですが、さすがに従業員控室でちょっとメモはしづらいので自粛しています。
 一方、オッサンのスタッフはシャイで未婚が目立ちます。下ネタもニコニコしながら黙って聞いてる感じですね。
 そして、オバチャンは元気で前向き、オッサンは後ろ向きな感じもあります。男性はなぜか「底辺」を意識しがちな印象です。
「ウンゲロとか、ある意味爆弾よりも危ない『超危険物処理班』としてのプライドを持つ」と豪語する私たち女性スタッフに対して、男性スタッフは「こんな仕事しかできないから......」とかボヤいてます。

2.「パチンコ好き」
 男女で共通しているのは、パチンコ好きなところですね。大塚はやらないのでわからないのですが、勝つとアイスをおごってもらえるので、応援しています。男性スタッフは競馬も好きで、競馬の結果を知るためだけにスマホに買い替えたスタッフもいます。

3.「クレジットカードを持っていない男性スタッフが多い」
 あとは、クレジットカードを持っていない男性スタッフが多いことですかね。「女性陣はみんな持ってるのか!」と驚かれたことに驚きました。普段はラブホのお仕事に「底辺感」を持ったことがない大塚も、これにはちょっと感じましたね。ていうか、むしろスマホの使用料とか毎月お店に払いに行くのは大塚は絶対ムリなんですが......。

 そんなわけでラブホの「あるある」は、スタッフ、お仕事の内容、お客さま、お店の種類など、本当にいろいろあります。 また書かせてくださいね。

 今回もお読みいただき、ありがとうございました。
本連載はプライバシーに配慮して、登場人物の名前やプロフィルは変更しております。ご了承くださいませ。


♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

love20.jpg

ラブホあるある第2弾も乞うご期待!(編集部)画像はイメージです




大塚 都内のラブホ「ホテルニューみのわ」(仮)勤務。就職難のため、思い余って清掃員に。水が合っていたようで結構エンジョイしている日々。週刊実話ザ・タブーにて「マル秘連載!! ラブホ清掃員が明かす『男と女の密室エロマンティク』連載中。ツイッターは@ohtuka_luvho