>  > 闇に消されたASKAの叫び 終わらないシャブ&アスカ事件
芸能人麻薬取締部

闇に消されたASKAの叫び 終わらないシャブ&アスカ事件

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歌手ASKAと思われる人物が当月9日に突如「はてなブログ」で個人ブログを開設、9万5千字にも渡る文章を公開し、さらには翌日削除されたことからネットで話題になった。しかも削除されるや「yahooブログ」でコメントを出して再び削除されている。消された日記から読み取れる現在のASKAの置かれた状況とは、そこからはシャブに侵されながらもアーティストとしての底力がまだまだ残されている様子が感じ取れるのだった。


chageandaska-official.jpg

CHAGE and ASKA official web site


消された禁断の告白

2014年9月に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた歌手ASKA(57)が1月9日、突如ブログを作成し、近況や覚せい剤事件へ至るまでの顛末を語るテキストを公開して話題になっている。

経緯としてはまず1月9日5時頃、最初のブログがアップされた。
このブログは株式会社はてなの運営するブログサービス「はてなブログ」上に作成された。ブログにアップされたテキストは非常に長く、近況から覚せい剤所持へ至るまでに起きた出来事や逮捕当時の思いなどが綴られている。書籍出版を前提としてテキストを記述したと思われる。

その後、1月10日にはてなブログが削除された。メディアは「関係者によって削除された」と伝えた。
しかし翌日11日、Yahoo!ブログにて「ASKAです。「はてな」ブログ削除について」というタイトルの記事がアップされた。
以下に引用する。

私のブログが削除されたことは、もう皆さんはご存知のことであろうが、メディアからは「事務所や家族が削除をした」と、書かれた。「親しい音楽関係者」の発言だと言う。まだ、そんな手を使うのか。ブログを削除したのは「はてな」だ。

aska-blog-yahoo-2016-1-11.jpg

ASKA本人と思われるyahooブログ ※今はもう見れない

こちらのブログも、現在は削除されている。しかしなぜASKAは自分のブログを削除したのが音楽関係者ではなくサービス運営元であると判断し、それを我々に伝えようとしたのだろうか。