>  > THE OUTSIDER大田区総合体育館SPECIAL 熱戦リポートPART3
12・13THE OUTSIDER全36戦完全レビュー(第21試合~第30試合まで)

THE OUTSIDER大田区総合体育館SPECIAL 熱戦リポートPART3

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「THE OUTSIDER 大田区総合体育館 SPECIAL」(12月13日)熱戦リポートの第3弾は、今大会で引退となる麦わらのユウタによる一戦や、前田日明代表が「逸材」と太鼓判を押す朝倉未来(朝倉兄弟・兄)が挑むタイトルマッチの模様等をお送りする。言うまでもないが、試合順が後になるほど人気者の試合は増えていき、自ずと試合レベルも上がっていく。改めて振り返ると、やはり今回は注目の大会であった。(取材/文=寺西ジャジューカ)


第21試合福岡相良のパウンドファイター田上健太vs.ヨコハマメタルシティ陵辱キング土橋政春


the_1218_01.jpg

the_1218_02.jpg
the_1218_03.jpg

the_1218_04.jpg

the_1218_05.jpg

the_1218_06.jpg

the_1218_08.jpg

 セコンド陣がつくるM男奴隷3人神輿に乗って入場した土橋政春。R-ZONEでもインタビューを敢行した、注目の柔術戦士である。

 序盤、土橋がテイクダウンに成功するも、グランドでは一進一退に。その後、スタンドになると、流れの中で田上の放った一撃がいいところに入り、土橋はダウン。

 しかし、土橋がまたしてもテイクダウンを奪い、バックをとったり首をとったり、明らかに"知っている"動きを披露してみせる。想像以上の柔術テクニシャンだ。上から相手の脇腹に入れるパンチも的確。田上の脚を抑えつつ、上半身を狙いに行くサマは技の品評会のよう。

 2Rに入ると、田上が得意の打撃で攻め込む。しかし、いつしかグランドに引きずり込まれ、最後は腕ひしぎ逆十字固で土橋がキッチリ一本勝ち! 終始、マジカルな試合展開を見せ付けられた印象だ。

the_1218_09.jpg

the_1218_10.jpg

●田上健太(2R 0:42 腕ひしぎ十字固め)土橋政春◯


第22試合コンクリートジャングルのギャルファイター塚本波彩vs.ロイヤルスプレンダー華麗DATE


the_1218_22_01.jpg

the_1218_22_02.jpg

the_1218_22_03.jpg

the_1218_22_04.jpg

 ここからは、女子アウトサイダーの試合が3連続で続く。
 
 試合が始まり、勝ち気な塚本が膝を入れていくが、対する華麗は塚本のアゴにパンチを入れて主導権を奪取。グランドでも華麗がバックから首を狙い続け、有利な体勢をキープ。塚本もスイープを成功させ怒涛のパウンドを繰り出したが、華麗はその腕を掴んで腕十字狙いに入ってみせた。

 2Rが始まると、いきなり殴り合い・蹴り合いの展開に。試合を優位に進める華麗は、塚本を首相撲に捉えて振り回す。闘争本能から塚本もいいパンチを当てるのだが、次第にスタミナを消耗していき、華麗が優勢を保ったまま試合は終了した。

the_1218_22_05.jpg

the_1218_22_06.jpg

the_1218_22_07.jpg

●塚本波彩(判定 0―3)華麗 DATE◯