>  > 海外旅行者に緊急警告! 誘拐、レ○プ、殺人......日本人は標的(カモ)なのか!? 
緊急警告インタビュー

海外旅行者に緊急警告! 誘拐、レ○プ、殺人......日本人は標的(カモ)なのか!?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本女性が狙われる! レイプ大国アメリカ


──続いて、こちらは主に女性が被害者となる、海外でのレイプ被害についてお聞きしたいのですが。

「レイプ被害に関しては、圧倒的にアメリカでの被害が多いです。アメリカに憧れてホームステイをする日本人女性の被害は、急増しています」

──どのような点に注意すべきですか? やはり路上などで拉致される場合が多いのですか?

「いえ、ほとんどは、顔見知りによるものですね。特に日本人は、見知らぬ人間には警戒を示しますが、プライベートに近い空間では、一挙に警戒心を解いてしまう傾向がありますから」

──例えば、どのような場合が多いのですか?

「ホームステイ先の男性にレイプされる場合も少なくありません。家庭内の男性と二人きりになるのは、厳禁です」

──ホームステイ先で......。

「はい。特に短期留学ですと語学力もありませんから、泣き寝入りするパターンがほとんどです」

──そこを狙われるわけですね。

「他には、日本人が憧れるスクール内のパーティーや、ホームパーティーなどでの被害も多いですね」

──確かに危険そうですね。出席するならば、どういった点に気をつけるべきですか?

「日本のファッション感覚で出席してはダメですね。露出が高過ぎます。欧米では、露出の高い服装は、売春婦を連想させます。ブランドファッションもいけません。日本より格差に対するコンプレックスの強いアメリカでは、反感がレイプを引き起こすこともあります」

──服装の他には?

「表情ですね。日本人は外国人に話しかけられると、反射的にニッコリ笑ってしまう習性があります。しかしこれは、向こうでは性行為を受け入れるサインとなります。その後、抵抗すると、表情と行動の矛盾に激高する外国人もいますので危険です」

──ここは盲点ですね。

「そして、アメリカでは大学生のパーティーでも、結構気軽にドラッグが持ち込まれてますので、こちらにも注意が必要です。いわゆるレイプドラッグとして使用されるケースも多いです」

kaigai-3.jpg

パーティーだからといって気を抜いていては痛い目に合うことも......※写真はイメージ

──どのようにして女性にドラッグを飲ませるのですか?

「ドリンクのグラスに混入するケースがほとんどですね。日本人は気軽にグラスを置いてトイレ等にいきますから、混入は簡単です。現地で育った子女などは、持ち物もドリンクも決して手放しませんね」

──確かに、日本ではドリンクを置いていってしまいますね。

「後は、パーティー後も男性の車に乗るのは厳禁ですね。逃げ出せないように、内側からは鍵が開かないように改造されていたケース等もありますから」

──すごいですね。

「アメリカは人口に対するレイプ件数率が、日本の30倍近くありますから。気を抜いてはいけません」

──海外に出たら自分の身は自分でしか守れないということですね。

「まさにそういうことです」


旅先ではくれぐれも気を緩めずに過ごすことがあなた自身の命を守ることにも繋がる。年末年始に海外へ行かれる方は気をつけていただきたい。



(取材/文=オフィスキング)