>  >  > 渋谷の伝説的アウトロー逝く!工藤明男が語る"半グレ"と"大物"
工藤明男コラム

渋谷の伝説的アウトロー逝く!工藤明男が語る"半グレ"と"大物"

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


安藤昇さん死去 ヤクザ組長から俳優、89歳肺炎で


[日刊スポーツ 2015年12月18日6時10分]

51UZlpoQOSL._SX342_BO1,204,203,200_.jpg

安藤昇の戦後ヤクザ史 昭和風雲録 ベストブックより(リンク

 昭和のヤクザ史に残る大物の一人である安藤昇さんがお亡くなりになられました。

 敗戦・特攻帰りと言った、戦後の鬱積した気持ちを暴力に変え、愚連隊を結成。

 正に現在の半グレの前身で、安藤さんの元に募った多くの若者達と共に東興業(※通称・安藤組)を設立。構成員に名門大学出身の者も多く、いわゆるインテリヤクザの先駆けとして、社会に台頭していった。

 更に当時のヤクザとしては珍しいスーツの着用・刺青・指詰めの厳禁等、ファッション性も相まって若者に絶大な支持を得て、良くも悪くも渋谷の街の発展に大きく貢献した人でした。

 渋谷を歩いてる若い人達は安藤昇とか宇田川町のど真ん中に有名なヤクザの本社ビルがあったなんて言われても分かんないんでしょうけど。

 ただ、"生きる伝説"というのが一般的なイメージとして強いような気がしますけど、後年はどこかイケてない感じがするんですよね。

 直接お話を伺う機会があったら、また違ったとは思いますが。

 そのうち時間があったら、僕が感じる昔の半グレと今の半グレの違いについてとか検証したいですね。

 そんなに書くこともないんですけど 笑

 まぁ、当時のヤクザや愚連隊の世界では、破天荒でセンセーショナルだったのでしょうし、もし安藤さんがいなかったら菅原文太さんを含めた多くの大俳優も、世に出ていなかったのかも知れません。

 やはり"本物"として一つの時代を作った人だったのだと思います。

 心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 (文=工藤明男)

【工藤 明男 (くどう あきお) プロフィール】
東京都生まれ。作家。杉並区出身の関東連合元リーダー。IT・芸能の分野で活躍。経済界のみならず政界にも幅広い人脈をもっており、現在は複数の企業の筆頭株主として、主に投資と企業コンサルタントの仕事を行なっている。警察当局から関東連合の資金源と目されてきた。表舞台に顔を出したことはない。