>  > 靖国神社爆発音事件に物申す! 今こそ日韓友好をしようじゃないか!
ヘイトスピーチハンター・憂国我道会山口祐二郎のひとりごと

靖国神社爆発音事件に物申す! 今こそ日韓友好をしようじゃないか!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月9日、警視庁公安部は、韓国籍の男性、全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)を逮捕した。容疑は11月23日、東京都千代田区九段北の靖国神社に、正当な理由がないのに神社の敷地内に侵入したとして建造物侵入の疑いである。まだ容疑段階なので事件の詳細ははっきり分からないが、この男のことについて書こうと思う。(山口祐二郎)


靖国神社とは


yamaguchi_1213_01.jpg

靖国神社

 靖国神社は、戦争で闘った軍人と軍属の戦死者を祀っている神社だ。なので、戦争肯定の神社だとされて度々問題になっている。僕は、日本は過去に日韓併合など明確に侵略行為を一部したと思っている。

 靖国神社については当然、日本に侵略された韓国は怒る。だからこそ、日本の総理大臣や議員が靖国神社に公式に参拝をすると、韓国はもちろん、国外の数多くの国からも反対意見が沢山出て論争になるのだ。日本国内でも靖国神社に反対する人は沢山いる。

 なので、僕は靖国神社のあり方についてはどんどん意見が出るべきだと考えている。だって靖国神社には間違いなく戦争肯定的な記述がある。靖国神社内にある遊就館の記述の内容を読んで、戦争賛美だなと僕は感じた。この内容は議論していくべきだろう。


僕が靖国神社に参拝する理由


 それでも僕は靖国神社に参拝をしている。なぜかというと、靖国神社に祀られている霊に、どんな悪人がいたとしても、お墓参りのように慰霊をしたい人はするべきだと考えているからだ。なので、僕はかつての戦争を肯定しないし、靖国神社に参拝することを人に強要して押しつけたりしない。

 僕と同じような考えで、靖国神社に参拝をしている人は沢山いる。けれども、そうじゃない人も多いのだ。


韓国人差別を煽る差別主義者たち

yamaguchi_1213_03.jpg

靖国神社境内に併設されている遊就館

 悲しいことだが、靖国神社に参拝をする者の一部には侵略戦争を盲目的に肯定し、靖国神社批判をする人を韓国人だとか言い出す差別主義者がいる。そういった差別主義者は、靖国神社には朝鮮民族、台湾民族も祀られているのを知らないのだろうか。本当に腹が立つ。

 侵略をされたら、誰だって怒るだろう。韓国側の気持ちを考えないのだろうか。だからこそ、日本国内の多くの日本人も靖国神社に反対をしているのだ。それなのにも関わらず、靖国神社に反対している人間=韓国人とレッテル張りをし、韓国人差別を煽るのだ。

 靖国神社に反対しているのは韓国人だけじゃない。日本人でも反対している者はいる。今回、逮捕されたのがたまたま韓国人だっただけだ。つまり、差別主義者がこの事件をダシにして、韓国人差別をしているだけなのだ。


もう一度、爆発物を仕掛けようとした


 その後の取り調べて、容疑者の男は「靖国神社に個人的な不満があって仕掛けた」という趣旨の供述をしていることが報道された。さらには、再び来日した際の9日に男が所持していた荷物から火薬のような砂状の不審物やタイマーなどが見つかり、「先月失敗したので、もう一度、爆発物を仕掛けようとした」という趣旨の供述もしていたと報道された。

 なぜ、男は身を犠牲にして、ここまでしたのだろうか。それを考えたい。


男の愛国心


yamaguchi_1213_02.jpg

靖国神社本殿

 そう、男には韓国を、韓国人を、世の中を想う愛国心があったのじゃないか。こんなことを書けば、売国奴だとか言われそうだが、国は違えど同じ愛国心を持つ者として共感を感じたことは否定せざる得ない事実だ。皆様は、自分の大切な人を殺したり傷つけた人が英雄として祀られている神社があったらどう思うだろうか。だからこそ、靖国神社は戦争賛美の神社にしては決してならないのだ。

 でも、爆破するのはたぶん良くないことだ。爆発に巻き込まれて怪我する人でもいたら大変だった。今回のように逮捕をされる男が出てきてしまったことは、本当に残念でならない。


最後に......。日本と韓国は友好はできないのか


 今回のような事件が起こると、差別主義者は「韓国人と仲良くなんてできない!」と叫ぶ。差別主義者じゃなくても「日韓断交」だと言う人もいる。そうじゃないだろうと僕は思う。

 日本と韓国は友好できるはずだ。なぜなら、僕が韓国人と仲良しだからだ。今回のことを乗り越えて、さらに韓国と仲良くしなければならないはずだ。


(文=山口祐二郎)


山口祐二郎
1985年、群馬県生まれ。歌舞伎町ホストなどを経て、新右翼「統一戦線義勇軍」幹部に。2007年に防衛省襲撃事件、2012年に東電会長宅前断食断水ハンストを起こし脱退。現在は、「全日本憂国者連合会議」議長、「憂国我道会」会長。作家・活動家として活躍。 著書に『ハイリスク・ノーリターン』(第三書館)、『奴らを通すな!』(ころから)がある。
山口祐二郎公式ツイッター https://twitter.com/yamaguchiyujiro