>  > 元光GENJI・大沢樹生がグループ結成秘話&ジャニー社長との秘話告白
R-ZONEテレビっ子通信

元光GENJI・大沢樹生がグループ結成秘話&ジャニー社長との秘話告白

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月10日放送の『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける (秘)料亭~』(テレビ東京)に、元光GENJI・大沢樹生が出演。大沢は現在、DNA鑑定結果をめぐる"実子騒動"で注目を集めているが、この日は光GENJI時代の裏話からグループ脱退の真相などを大暴露した。

 12歳でジャニーズ事務所に入り、翌1983年にロサンゼルスオリンピックのイメージキャラクター「イーグルス」でデビューした大沢。しかし同グループは「1度デビューしたにも関わらず、2年くらいで自然解散した」と言い、その後は1人でドラマや映画に出演していたと説明した。18歳になった頃、大沢は「ちょっとジャニーズで限界だな」と感じ、事務所社長・ジャニー喜多川氏に「ちょっと大事な話があるので時間とってください」と電話したそう。ジャニー氏に「YOU 今言っちゃいなよ、僕も忙しいから」と促された大沢は、ここで「僕1度ゼロに戻したいんで、ジャニーズ事務所を辞めさせてください」と申し出たことを明かした。「本気なの?」と確認するジャニー氏に、大沢が本気であることを伝えると、一旦は「あっそう......」と言って電話を切られたそうだが、再びジャニー氏から電話があり、「YOU ローラースケートやってみない? スターになれるよ」と言われたとのこと。大沢は、「ジャニーズ事務所でのラストチャンスだと思って『じゃあやらせて頂きます』(と返事した)」と話した。

 ローラースケートに関しての抵抗は「特には無かった」という大沢だが、「ローラースケート=スターってのは、自分の中では結びつかなかった」とも。このようにして結成された光GENJIは、1987年8月19日のデビュー日の夜に、当時の人気音楽番組『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)に出演。大沢は「その週末の大阪のキャンペーンで、確かドーンと(ファンが来た)」「数万人って来て」と、人気爆発の経緯を語った。

 しかし、瞬く間に人気絶頂のアイドルになった大沢の生活は一変。実家は一瞬でバレ、電話番号は変更しても次の日にはバレてファンから電話が掛かってくる始末。また、実家にファンが押し掛けることで近所からクレームが来たり、家の壁に落書きされてしまい母親と消しに行ったりと、様々なトラブルが起きたんだとか。大沢は仕方なく実家を出ようとするも、今度は不動産屋が「近隣に迷惑が掛かる」ことを危惧して家を貸してくれないという状況だったそう。その後、母親の友人のマンションに引っ越しした大沢だったが、そこでもファンが双眼鏡で覗いてきたり、階段伝いにバルコニーから侵入しようとしてきたりと、24時間ファンに追いかけられていた生活を振り返った。