>  > 【裁判所24時】年末の飲酒運転ご用心。ただの同乗者も道連れOUT〜! そして罰金額は...!!!
今井亮一の「裁判傍聴バカ一代」R-ZONE出張版

【裁判所24時】年末の飲酒運転ご用心。ただの同乗者も道連れOUT〜! そして罰金額は...!!!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲酒運転もそれに同乗する人もOUT

 クロード・チアリ氏が酒気帯び運転の「要求・依頼同乗罪」で捕まった。
 以下は12月1日付けの日刊スポーツ。
 
「クロード・チアリ書類送検 酒気帯び運転の妻の乗用車に同乗」

 飲酒運転と知りながら妻(69)の乗用車に同乗したとして、兵庫県警西宮署は30日、道交法違反(酒気帯び運転の同乗)容疑で、ギタリストのクロード・チアリ(71)を書類送検した。書類送検容疑は10月10日午後8時40分ごろ、西宮市の市道で、妻の飲酒運転を知りながら後部座席に乗った疑い。西宮署によるとチアリは「妻と酒を飲んでいた」と容疑を認めているという。警戒中の署員が蛇行運転する車を発見し、妻から呼気1リットル当たり0.45ミリグラムのアルコールが検出されたため、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕。その後釈放し、チアリからも事情を聴いていた。妻も同容疑で30日に書類送検した。
 

 単に同乗するだけでは罪にならない。
 道路交通法の規定(第65条第4項)は、
 
「...運転者が酒気を帯びていることを知りながら...自己を運送することを要求し、又は依頼して...同乗してはならない」
 
 という形になってる。これに違反するのを「要求・依頼同乗罪」という。
 
 チアリ氏の場合、「僕を運送してください」と明示的な要求・依頼はなかったかもしれない。
 だが、交通警察官向けの『執務資料道路交通法解説』(東京法令出版)はこう解説してる。
 
「同乗者と運転者との関係、同乗に至った経緯等、個別具体的な状況から判断して、要求又は依頼があったと認められる場合には、本罪の対象となる」
 
 明示的な要求・依頼がなくても、捕まるのだ。
 
 酒気帯び運転の罰則は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金(道路交通法第117条の2の2第3号)。
 相場的には、初犯だと略式で罰金30万円かな。物損事故を伴ってたりすると、初犯でもさくっと公判請求され、執行猶予付き懲役刑とされることがある。
 
 一方、酒気帯び運転の要求・依頼同乗罪(同第65条第4項)の罰則は、運転者本人より少し軽く、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金(同第117条の3の2第3号)。
 こっちの相場についてはあまり情報がないが、初犯で罰金20万円かと思われる。公判請求は滅多にないはず。
 
 それでだ、この「要求・依頼同乗罪」でどれくらい捕まってるのか。データがある。
 
 「要求・依頼同乗罪」ができたのは2007年9月19日。
 そのとき、飲酒運転の罰則がぐんと引き上げられ、同時に「周辺者三罪」というのが新設された。
 飲酒運転をすることとなる者に対してクルマのキーを渡すなどの「車両等提供罪」
 酒を飲ませる「酒類提供罪」
 そして「要求・依頼同乗罪」の3つだ。

 
 罰則は、飲酒運転をしたドライバーが酒気帯びか酒酔いかで異なる。
 「酒気帯び」とは、特に酔っていなくても、呼気検査で0.15mg以上のアルコールが出たものをいう。
 「酒酔い」とは、酒に酔った状態(アルコールの影響で正常な運転ができないおそれがある状態)をいう。
 
 で、「周辺者三罪」で年間どれくらい検挙されてるのか。2010年のデータが手元にある。
 
 車両等提供   酒気帯び  626件
         酒酔い    28件
 酒類提供    酒気帯び  242件
         酒酔い    26件
 要求・依頼同乗 酒気帯び 2903件
                酒酔い    82件

 

 「要求・依頼同乗罪」の合計は2985件。ダントツに多い。
 同じ車に乗ってるから捕まえやすい、という事情もあるのだろう。

 黙って助手席に乗っただけでも、「そこ左折して」とか道案内したことで「要求・依頼同乗罪」が成立する可能性がある。
 
 ヤバイですぞ!


(取材/文=今井亮一)

inshu01.jpg

画像は2006年8月25日、福岡・海の中道大道飲酒運転事故の報道より。市内在住の会社員とその家族計5名が乗っていた乗用車が、飲酒運転をしていた当時福岡市職員の男性の乗用車に追突され博多湾に転落し、会社員の車に同乗していた3児が死亡した。




今井亮一 プロフィール
いまいりょういち●交通ジャーナリスト/マンガ原作者/作家。著書は『交通違反ウォーズ!』(小学館)、『なんでこれが交通違反なの!? 警察は教えない126の基礎知識』(草思社)、『裁判中毒 傍聴歴25年の驚愕秘録』(角川書店)など多数。
ブログ「今井亮一の交通違反バカ一代」http://ko-tu-ihan.cocolog-nifty.com/
メールマガジン「裁判傍聴バカ一代」http://www.mag2.com/m/0001035825.html