>  > 安倍首相のおすすめレストランはココ! 2015年12月14日~12月20日分
安倍首相と同じものを食べて、気分だけでも総理大臣!という企画

安倍首相のおすすめレストランはココ! 2015年12月14日~12月20日分

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忘年会ラッシュでフグ&しゃぶの巻


 当たり前ですが、首相も忘年会に出ておられるようです

 あっという間に今年も終わりですね。永田町もいろいろありすぎですが、年末のせいか忘年会らしき会合も報じられています。
15日は、お庭がきれいな南麻布の日本料理店・有栖川清水

syusyoudousei_1223_01.jpg

有栖川清水(リンク)ちなみに夜の懐石コースは43470円より

での東京都議会自民党特別総会に顔を出された後、中学生時代(成蹊中学校ですね)のお友達と六本木の豚しゃぶ屋さん・豚組しゃぶ庵

syusyoudousei_1223_02.jpg

豚組しゃぶ庵(リンク)他店より2倍厚い豚しゃぶ肉が名物

へ。「究極の豚しゃぶ」と銘打つ豚組は、とんかつ屋さんも有名ですが、しゃぶしゃぶもなかなかのお味のようです。

 16日は、42人の閣僚とともに皇居の宮殿での宮中昼食会にご出席。これは「年末の恒例行事」だそうです。「忘年会」とは書かないところがカッコイイですね。

 17日は、森喜朗元首相、日本財団の笹川陽平会長、尾形武寿理事長と築地のふぐ料理店・つきじやまもと

syusyoudousei_1223_03.jpg

つきじやまもと(リンク)コースは36000円から

syusyoudousei_1223_04.jpg

つきじやまもとのフグ刺し(菊造り)

にて会食。「政治家御用達のふぐ屋」というと、お一人様10万円クラスのお店もめずらしくないわけですが、こちらのお店はそんなに超高級というわけでもなく、食べログでも紹介されています。もちろん決してお安くはありませんが

 ちなみに築地の市場が移転しても、場外を含め近隣のお店の移転はほとんどないようです。でも、築地でお正月の用意ができるのは今年限りと思うと、お名残り惜しいですね。

syusyoudousei_1223_05.jpg

裏千家東京茶道会館立礼席(リンク

 そして、18日は、東京・市谷加賀町の裏千家・東京出張所で来日中のターンブル豪首相をお招きしてのお茶会。正座する席ではなく、椅子に座る立礼(りゅうれい)席のようですね。

 ちなみに、もともと茶道は武士のたしなみでしたから、茶道のお稽古をされている政治家さんも少なくありません。女子教育に取り入れられたのは、実は明治に入って武士がいなくなってしまったので、生き残りの苦肉の策だったと言われています。

 ターンブル首相は「苦いお茶に甘いお菓子が合っていて、おいしい」とおっしゃったそうですが、お菓子はナニが出たのか、気になりますね。

 千利休が考案したとされる昔ながらのお菓子よりも、お抹茶には安倍首相のお気に入りのブラックサンダーのほうがむしろ合うかもしれません。

 19日は、いつもの六本木・グランドハイアット東京のNAGOMIスパアンドフィットネスで汗を流された後、日本橋の三越本店で「2015年報道写真展」を鑑賞されてから、永田町で晩ごはんでした。

syusyoudousei_1223_06.jpg

水簾(リンク)の鉄板焼き

 菅義偉官房長官同席とともに、橋下徹おおさか維新の会前代表、松井一郎代表と、永田町のザ・キャピトルホテル東急の日本料理店水簾で会食。こちらは懐石と鉄板焼きが有名ですが、話題の皆さんと何をお召し上がりになったのでしょうか。

 そして20日は、一日中ご自宅で、完全オフのようでした(うらやましい......)。

 首相、もとい師匠でなくてもみんなが走る師走。読者の皆様もスピードの出し過ぎにはお気をつけください。


(文=長田架純)


長田架純
主に永田町やその周辺を取材するフリーライター。公邸(思ったほど豪華ではなかった)の取材経験もアリ。