>  > 関東では絶滅寸前のちょんの間をガチ潜入する2015年最新アングラ風俗レポート 後編
最強の勃起薬MACEがお送りする、2015年最新裏風俗ガイド

関東では絶滅寸前のちょんの間をガチ潜入する2015年最新アングラ風俗レポート 後編

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MACE_1111_02.jpg

関東某県にある"ちょんの間"街を歩くアラフィフ裏風俗ライター、黒ムツ先生。ちょんの間独特の、玄関が一面ガラスの長屋を見つけた黒ムツ先生がカーテン越しに建物の中を覗きこむと、中にいたのは20代とおぼしき、あどけない顔の少女だったのデス!! 黒ムツ先生のアブナイ風俗街ガチ潜入シリーズ後半戦スタート!


黒ムツ先生が蕎麦屋の奥で見たものは!?


 そもそもこの町は、東海道の宿場町。江戸時代には遊女が住み着き、戦後は赤線街として賑わったという歴史ある街で、朽ち欠けた建物が散在する薄暗い路地を歩いていると、100年以上も前から積み重なった澱のようなものが身体に絡み付いて自然と足取りが重くなります。きっと身体を売って生きるほかなかった、恵まれない女たちの怨念が渦巻いているのでしょう。そんな想像を巡らせれば巡らせるほど、僕のメイス棒はなぜか痛いほどビィンビンに勃起してしまうのです!

 ただ残念ながら、この●●市のちょんの間は、2009年に数回行われた川崎署の一斉摘発で、大半の店舗が閉鎖に追い込まれてしまいました。現在、営業しているのは外人娼婦の店など一部の店だけだそうで、近頃とみにボッキ力に自信のない僕にはハードル高めなエリアではあるのですが、今回、あえて潜入取材でこの街を選んだのは、友人にして裏風俗のネタ元であるコマッキー@職業訓練受講中(仮名)からもたらされた「●●市のちょんの間には、どうみてもシャブ中っぽいタイ人ギャル売春婦がいるぞ!」というロリ変態娘好きにはタマラない情報と、ネットでも"最終手段"と話題の陰茎カッチコチ錠剤MACE L-H-32をメーカーさんのご好意で提供していただけたからなのです。

MACE_1112_01.jpg

60代男性のMACE L-H-32服用データ 提供REGAMO

 なにせ、メイスを一粒飲めば、どんな精神状態であっても一分後にはフル勃起ング。しかも全身の血流が海綿体目掛けて一気に流れ込むという凄まじい作用のため、その硬度は普段の3倍ほどに感じられます。まさにガッチガチという感じ! 凍ったバナナの如く釘が打てるレベルです! 巷では勃起薬のリーサルウェポンと称されるそうですが、ソレも納得のモーレツな効き目。で、この鋼鉄のごとき肉棒を悪女の秘壷にぶち込んで、グッチョグチョに掻き乱してやるのが僕チンの必殺技なのです!

さて、深夜0時の元赤線街をウロウロ散策していると──、

MACE_1112_03.jpg

 背後からやって来たドデカいベンツが身体スレスレに急停車。運転席から顔を出したケバいオバチャンに、「アンタッ、こんなところでカメラ撮ってると、コワいニーチャンにオコられるで!」と叱責されてしまいました。「誰に口きいとんじゃ、犯すぞボケ!」の言葉をぐっと飲み込み、「ス、スミマセン!」と素直に近くのスナックの中へ逃げ込んだ僕チン。まったくなんて油断ならない街なのでしょうか。ちなみに、入り口は曇りガラスの引き戸、店内はキャパ5、6名のカウンタースナックというのがソレ系の店のオーソドックスなスタイル。なので、初めてこの街を訪れる方は、「ここ、遊べる店?」と聞いてみるのが間違いのない方法でしょう。で、僕が命からがら避難したお店、結論からいうと当たりでした。メイスを服用するとなぜか首尾良く事が運ぶのですから不思議です。実はメイスには、脳ミソを勃起興奮時と同じように刺激する、『脳内覚現象』という超スペクタクルな作用を引き起こす効果があるので、そのせいかも知れません。

MACE_1112_02.jpg

お兄さん、今日は飲み? 遊び?


MACE_1111_05.jpg

(ババアが話しかけてきた!)うーん、どうしようかな


MACE_1112_02.jpg

今なら若くてカワイイ娘、いるよ


MACE_1111_05.jpg

(キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!)じ、じゃあ遊んでいこう......カナ


 そして店内に招きこまれ、一杯1000円の焼酎をチビチビあおること10分、「用意でけたからオバチャンについといで!」と威勢よく店を飛び出すババアのあとを慌てて追いかけて行くと、招き入れられたのはなんと何の変哲もない普通のお蕎麦屋さんでした。「蕎麦なんて食ってる場合か!」とツッコミを入れようと思ったのですが。

MACE_1112_04.jpg

21歳と25歳と28歳の娘がいるよ~

 蕎麦屋のカウンター席にはピッチピチのアジアン女性3人が、もう、アレが欲しくて欲しくてたらない!といった感じの視線を僕チンのメイス棒に投げかけてくるではありませんか!

 で、「ここで女の子を選ぶシステムか!?」と思ったら、店の奥に3畳ほどの隠し部屋があって、やり手ババアから「ここでヤリな、はい、12000円ね」という指示。中にはすでに無防備なランジェリー姿のうら若きタイ人女性(もちろん、最年少の21歳を選びました!)が鎮座ましましていて、その様子はモロに貧困地域からさらわれてきた奴隷女を売買しているおもむきで背徳感がハンパありません! 

MACE_1112_05.jpg

今からココでこの娘を......

 しかしながら、スラリと伸びた手足、推定Dカップの前に突き出た極上バスト、大きな瞳の愛らしい顔立ちを目にした途端、容赦なく体内で暴れ回るメイスパワー。僕チンはその威力に抗えず、凶暴な肉食獣と化したのでした!

「オニーサンのチンチン、すごい勃ってるよ......」と息を飲むタイ娘の口唇を無理やりこじ開けた末は、後頭部を押さえつけてイラマ奉仕を堪能。時折「うぐ、ぐぇッ......」と苦しそうにえづきながらも、夢中で肉マラを舐め味わうのは、やはりシャブ中女の特徴でしょうか。

 早くもドロドロに蕩けたマ○コにムシャブリ付けば、さっきのお返しとばかり僕の頭を押さえ付け、股間をグリグリ押し付けてきますから、野生的な南国マン汁臭に危うく気を失うところでした。そしていよいよお仕置き棒をブチ込んでやれば、「チ○ポすごいッ、もうイクよ、イクイク、イック~ぅ!」と張り上げ、たちまちアクメ昇天してしまうのですから予想以上のビッチです。「もし病気でも持っていたら...」との危惧が一瞬頭をよぎるも、今更「ゴムを付けさせてくれ」なんてとても言い出せない雰囲気...。覚悟を決めて、「お前の注射と俺の肉棒注射、どっちが気持ちいいんだ」と詰問しながらガン突きした果ては、子宮を突き破って口から飛び出すのではないかと思うほどの中出しジェットでフィニッシュしました。えっ、展開が速いって? だってちょんの間は30分しかありませんから仕方ないのです。

 で、結局、彼女がヤク中なのか、それとも単にドスケベでテンションの高い南国女なのか、「日本語、良く分からないよォ!」とヨガり叫ぶばかりで明瞭な回答は聞き出せませんでしたが、取り合えず「薬よりも気持ちいいことがあるんだぞ」ということをその身体に叩き込んでやった次第。良かった良かった、これで彼女も健康的なちょんの間ライフが営めるでしょう。

 五郎丸ばりのパワフルSEXに聞き耳を立てていた女たちの羨望視線を背中に浴びながら、僕は次の現場に向かうべく深夜の街に飛び出したのでした(なにせメイスの効き目は48時間継続ですから!)。シュワッチ!


(取材/文 黒ムツ先生)

このコーナーはメイスの提供でお送りしました

MACE_1111_09.jpg

「男の最終手段」として現在、ネットで大人気のサプリメントMACE L-H-32は、一粒口に含めば大量の血液が海綿体へと流れこみ、即ギンギンの臨戦態勢。しかも効果が約12時間にわたって持続するので、何回戦でも可能というスグレモノ。「近頃、どうも元気がなくて......」というアナタは今すぐチェック。

 メイス公式サイトはコチラをクリック http://regamo.jp/product/detail/5?adcd=WT01A05mfpp5