>  > 『ウワサの食卓』で"怪しいダイエット"を大検証! 美奈子「コンビニおでん」&クロちゃん「ばんそうこう」のチャレンジ結果は......?
ワイドショーななめ読み

『ウワサの食卓』で"怪しいダイエット"を大検証! 美奈子「コンビニおでん」&クロちゃん「ばんそうこう」のチャレンジ結果は......?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tx_1030_02_01.jpg

『発見!ウワサの食卓』公式サイト(リンク


 10月27日放送の『発見!ウワサの食卓』(関西テレビ系)で、タレント・内山信二やビッグダディの元妻・美奈子など芸能人達が1週間で行う様々なダイエット方法を検証した。

 番組前半には元祖天才子役・斉藤こず恵が医師監修のもと、話題のチアシードダイエットに挑戦。1週間続けた結果、身長147cmで82kgだった体重が、マイナス4.1kgの77.9kgに。体脂肪率も49.6%から47.8%に下がり、105cmあったウエストもマイナス7cmの98cmと大幅ダウン。健康面でも、中性脂肪が3割以上減少して正常値になり、内臓脂肪面積も2割減に成功した。

 番組後半は、様々な芸能人達がインターネット上で「簡単ですぐに痩せられる」などと噂になっている"怪しいダイエット"を検証。まずは「風船ダイエット」といって、鼻から息を吸い5秒間止めた後、胸を張った姿勢で一気に吐き出し、これを繰り返して風船が直径30cmになるまで繰り返すというもの。この行程を1日30回行うだけで食事制限などは一切なく、風船1個8円とお手軽でリーズナブルなダイエット方法だ。

 風船ダイエットに挑戦したのは、ぽっちゃり子役からメタボな30代になってしまった内山。中学1年生で体重100kgを超えて以降、100kgを下回ったことがないという内山は、今回の挑戦前の測定では体重101.2kgだった。風船ダイエット1日目、内山は指定された方法で風船を1個ずつ膨らませ始めたが、2個目で早くも息切れ。風船を膨らますには想像以上に肺活量が必要なようで、休まず膨らませても半分の15個で既に20分が経過していた。内山は「ちょっとずつだけど、体が熱くなってきますね」と、ダイエット効果なのか体温の上昇を感じた様子。さらに30分経過して、計50分で1日のノルマ30個が終了し、内山は「腹筋が痛い」と疲労感を訴えた。ちなみに食事制限がないため、内山のこの日の食事メニューは、朝食にクロワッサン2個、昼食にきつねうどんとミニいくら丼、夕食に肉野菜炒めとライス、スープという普段通りのもの。挑戦2日目以降は暇な時間を見付けて様々な場所で風船を膨らませ、最後には慣れてきたのか職人のような手さばきに。

 7日間の挑戦で、合計210個の風船を膨らませた内山。最終測定の結果、体重98.1kgとマイナス3.1kg減量、さらにウエストは122cmから116cmとマイナス6cmを達成した。22年ぶりに100kg以下を記録した内山は驚きを隠せない様子だったが、風船ダイエット検証中は疲れで食欲がわかなかったそうで、「食欲が抑えられたかも」と報告した。また、このダイエット方法について専門家は、風船を膨らませて腹式呼吸が出来るようになることで、衝動性が少なくなると言われていることを説明し、「暴飲暴食を防ぐ効果があるかもしれません」と語った。

 続いては「コンビニおでんダイエット」といって、毎日3食コンビニおでんだけを食べるというシンプルなもの。そんな"おいしいダイエット"に挑戦したのは、ビッグダディの元妻で現在は6人の子の母として暮らす美奈子。過去には写真週刊誌『フライデー』(講談社)でグラビアを披露したこともあったが、現在の体重は73kgと1年間で15kgの激太りを遂げていた。コンビニおでんダイエット1食目、美奈子が選んだのは大根、こんにゃく、がんもどき、しそつくねというメニュー。昼食はロールキャベツ、だし巻き玉子、牛肉団子、大根、がんもどき、ちくわぶ、さつまあげ、ウインナー巻きと多めにチョイスし、夕食は大根、こんにゃく、ちくわぶ、厚揚げ、ふわふわ揚げ、ウインナー、玉子、しそつくねと、野菜や肉、炭水化物などをバランスよく食べた。しかし1日3食おでんに、美奈子は初日で早くも「若干飽きてきた」と苦笑い。そのため、2日目以降はからしや柚子胡椒など様々な調味料で味に変化をつけて乗り切り、子どもたちがハンバーグを食べていてもひたすらおでんを食べ続けた。

 7日間で全21食のおでんを食べた美奈子。最終測定の結果、73kgから71.9kgと微妙ではあるがマイナス1.1kgの減量に成功していた。専門家によると、おでんダイエットの痩せる理由としては「お腹いっぱい食べても低カロリー」という点や、「炭水化物が少ない」という点が挙げられるといい、減量率は高くなるという。

 最後は「ばんそうこうダイエット」といって、痩せる効果のあるツボにばんそうこうを張るだけという、怪しさMAXのダイエット。ネットの情報によれば、お腹と足の5ヶ所のツボにばんそうこうを貼り、2日に1回取り替えるだけなんだとか。ツボは、へそから指4本分下にある"中極"と、くるぶしから指4本分上にある"三陰交"、膝の内側で皿から指2本分上にある"血海"。中極は上から下に、三陰交と血海は下から上にばんそうこうを引っ張るように張る。このダイエットは20~50代の女性10名と、お笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃんが挑戦。105.8kgと巨漢のクロちゃんが小さなばんそうこうだけで痩せられるのか、本人も「(噂が)本当だったらお手軽すぎません?」と不信感を漂わせながら1週間のダイエットを開始した。

 連日普段通りの食事をし、ばんそうこうを貼り替えるだけで何事もなく1週間を終えたクロちゃん。最終測定の結果、一週間前からマイナス2.4kgの103.4kgになっており、これにはスタジオも騒然。クロちゃん以外の女性達も、個人差はあったものの10人中9人が減量に成功していて、平均するとマイナス0.88kg、最大2.4kgという検証結果だった。専門家に確認したところ、東洋医学では"経絡"という気の流れ、血の流れ、水の流れで人間の体をみており、経絡に沿ってばんそうこうを貼っていることが代謝を良くする手助けをしたと考えられるそうだ。

 以上のことから番組では、「風船ダイエット」「コンビニおでんダイエット」「ばんそうこうダイエット」で痩せるというのは「本当」と認定した。


(文=テレビマニア