>  > 「無理、恥ずかしい......」NMB48・山本彩、マッチョと"初体験"で昇天!?
ワイドショーななめ読み

「無理、恥ずかしい......」NMB48・山本彩、マッチョと"初体験"で昇天!?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tv_1031_02_01.jpg

『ワケあり!レッドゾーン』公式サイト(リンク


 10月29日深夜放送『ワケあり!レッドゾーン』(日本テレビ系)で、NMB48・山本彩がマッチョとの"初体験"に赤面した。

 この日は「ワケあり!ビジネスゾーン」と題し、番組MCのライセンス・藤原一裕、井本貴史、そして山本が、"マッチョビジネス"を立ち上げた男・鈴木秀尚さんを迎え、ビジネスの内容やお金のことを教わることに。鈴木さんに連れられて登場したマッチョ2名が自慢の筋肉をアピールすると、藤原は「冷蔵庫! 冷蔵庫だよ!」と、マッチョ界で使われる褒め言葉で盛り上げた。

 18歳からアメリカでプロレスラーとして活躍していた鈴木さんは、アメリカではマッチョでモテモテだったものの、3年前に引退して帰国すると、日本は空前の細マッチョブーム。この時のショックから、日本で筋肉の素晴らしさを広めるためにマッチョビジネスを起業したという。「マッチョはLOVE&PEACEです」と、筋肉で世界平和を唱える鈴木さんは、「儲かってるというよりは反響が大きい」と、マッチョビジネスの注目度の高さを強調。筋トレ好きの藤本も、「日本人にウケる細マッチョって、マッチョじゃなくてただガリガリなだけ」と真のマッチョに理解を示し、続いて話を振られた山本も、「マッチョって言われると難しいですけど、筋肉が好き。筋肉フェチ」と言い、三角筋から上腕三頭筋にかけてのラインが好きだと話した。山本の発言を聞いた2名のマッチョが該当の筋肉を魅せると、山本は「Tシャツとか着たら見えるんですよ。男らしくてカッコイイなって」とフェチを炸裂させた。

 様々なマッチョビジネスについて話を聞くため、山本が用意されたパネルの布を外そうとすると、何故か井本から「サイドチェストきめながらやる?」という無茶ブリが。山本は「私がですか?」「私がやる意味ありますか?」などと困惑したが、マッチョ達の手本を見てサイドチェストをきめながら「オープン!」と布を引き、出演者達から拍手が送られた。

 パネルに書かれていた中の「マッチョバスツアー」は、女性限定でマッチョとバスに乗って出掛ける人気イベントの1つなんだとか。鈴木さん曰く、定員は基本15名だが最大で32名までOKで、同行するマッチョは「大体8~10マッチョ」だそう。ライセンスの2人は「マッチョ数える単位はマッチョでいいんですか?」と動揺したが、鈴木さんは「人は人間だから○人じゃないですか。マッチョはマッチョだから○マッチョ」で正解と頷いた。ツアーの値段は「一般席」1万9800円、隣にマッチョが座る「VIP席」2万3980円、座るマッチョを指名できる「指名VIP席」2万7980円となっており、今回は番組スタッフが同行したVTRを見ることになった。

 マッチョバスツアーは集合場所の東京駅で、走って現れたマッチョ達が女性客を1人ずつお姫様抱っこでバスに運ぶところからスタート。この日は20~40代の合計32人の女性客が参加していたが、早くも女性達のテンションはMAXに。参加者の中には名古屋から来た女性や親子で申し込んだという者のほか、指名VIP席には3回目の参加という常連女性も。サービスエリアに着いたところで、マッチョ達がそれぞれの筋肉を披露しながら自己紹介。マッチョ達は常に筋肉をアピールしたいのか、バスを降りても一般の人達に筋肉を無料サービスしまくっていた。また、バスの中では隙あらばプロテインを接種し、参加女性達も飲み放題となっているという。

 バスが山梨県富士吉田市に到着すると、一行はツアーの目玉「マッチョ達とうどん作り」を満喫。マッチョ自慢の筋肉を使って粉をこね、終盤になると気合い入りまくりのマッチョ達はトレーニングさながらの動きで女性達を魅了し、力を合わせて作った「筋肉うどん」が完成した。参加者達は、「マッチョの力強い味がします」「筋肉がこもってる!」など、大満足の笑顔を見せた。

 続いて向かったのは、同じく富士吉田市にある「ハモニカ横丁」という長屋街。ここでは、現在営業していないお店を貸し切り、4店舗のバーでマッチョがおもてなしをするという「マッチョパブ」を開催。スイーツ好きのマッチョが選んだケーキやチョコレートが試食できる「スイーツバー」、双子のマッチョ・相澤兄弟がもてなしてくれる「BAR 相澤」、マスク・ド・ISHIIの祖母の惣菜が振る舞われる「石井家の食卓」、特に筋肉にうるさいマッチョ達が知識やプロテインを提供する「プロテインバー」の4軒を、参加者は自由に行き来できるという。

 そして、ツアーの締めくくりはマッチョ達の胸をたっぷり触れる「パイタッチ」。女性達は、胸だけではなく全身の筋肉を触ったり写真を撮ったりして楽しみ、マッチョバスツアーの全企画が終了した。

 鈴木さんはバスツアー以外の企画について質問されると、過去に「マッチョ狩り」といって、イチゴ狩り中に目が合った参加客をマッチョがお姫様抱っこするというものがあったと紹介。それを聞いた山本は小声で「めんどくさい」と呟いたが、マッチョ好きの参加女性客には大人気のイベントだったという。また、最も評判が良かったバスツアーは、サンリオピューロランドに行ってマッチョ達とアトラクションを楽しんだ後、シアターを貸し切ってキティちゃんと共演した歌&ダンスだそうで、鈴木さんは「キティちゃん超フットワーク軽い」と語った。

 しかし、やはり普遍的に人気なのは「お姫様抱っこ」だと言い、山本も実際にやってもらうことに。お姫様抱っこされたことがないという山本は、「さっきのVTR見てるだけでも恥ずかしいのに」とモジモジしていたが、ライセンスの2人に促されて前へ歩み出た。マッチョが「失礼します」とお姫様抱っこの体制に入った時には、山本は既に顔を覆ってしまい、持ち上げられた瞬間に「キャー!」と悲鳴を上げて悶絶。ライセンスの2人から「彩ちゃんどう?」「どうなの?」と、初お姫様抱っこの感想を迫られると、山本は「無理」「恥ずかしい!」と赤面して答え、おろされた後はそのまま腰を抜かして床に座り込んでしまった。

 ちなみに、バスツアーに参加するマッチョ達のギャラは、「普通のバイト代よりかはいい」らしく、プラスαでプロテインも貰えるんだとか。バスツアーのほか、パネルにあった「マッチョカフェ」について尋ねると、鈴木さんは「マッチョがお客さんをもてなすカフェ」「コーヒーを味わうくらいな、気軽な感じでマッチョを味わってほしい」と説明。カフェメニューは、例えば「パンdeマッチョ」といってパンとジャムが出されるが、蓋が固くて空かないジャムの瓶をマッチョに渡すと筋肉パワーで開けてくれるというものなどがあるという。山本が「それうまいですね」「女子はキュンとくる」と言うと、藤原は「お前もう虜やな?」と指摘した。

 また、スタジオではマッチョが手動で削る「マチョ氷」を実際に作ってもらうことになり、合間にはやはりプロテインが投入された。そして、山本がリクエストした「大胸筋」を使って仕上げのシロップ&液体プロテインが注がれたが、キメ台詞の「かき氷よりも美しい筋肉を提供したい、そうそれがマチョ氷!」には一同爆笑。マッチョ達が筋肉フル稼働で作ってくれたマチョ氷を試食した山本は、その味に「普通」と苦笑した。

 最後に、ピューロランドでも歌われた「マッチョ29」というグループ名で出したデビュー曲「ビバ!マッチョ」も披露され、鈴木さんは次の夢について「マッチョ写真集とか出したい」と語った。すると山本は、「私、買いましたもん。『筋肉男子』っていう本」と、筋肉フェチには需要があることをアピールした。


(文=テレビマニア