>  > 『KINKI KIDSのブンブブーン』で光一&剛がお取り寄せグルメ堪能! 食へのこだわりが強すぎる勝俣州和に「面倒くさい」連発
TVワイドショーななめ読み

『KINKI KIDSのブンブブーン』で光一&剛がお取り寄せグルメ堪能! 食へのこだわりが強すぎる勝俣州和に「面倒くさい」連発

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tv_1006_07.jpg

『KinKi Kidsのブンブブーン』公式サイト(リンク

 毎週日曜に放送中のKinKi Kidsのロケバラエティ『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)。10月4日の放送では、ゲストに芸能界屈指のグルメタレントである勝俣州和を迎え、勝俣が厳選したお取り寄せグルメで、KinKi Kidsをもてなすことに。

 冒頭は案の定、日差しが苦手なKinKi Kids・堂本光一の渋めな横顔から始まった。今回は、どこかの家のお庭に立っているようだが、西日が当たり「めっちゃ眩しいやん」と正面のカメラから顔を逸らしたままの光一がボソり。そこへ「このテンションでいくんですね?」とゲストの勝俣が参入してきた。
 今回は通常のロケ収録とは異なり、「お取り寄せハウス」という移動しない企画のため「非常に楽な企画でいいんですよ」と語るKinKi Kids・堂本剛。それには勝俣が「テレビ楽しちゃダメですから! 欽ちゃんに言われてますから! 汗かいてこその視聴率だって!」と欽ちゃんファミリーの一員らしい忠告をした。これまであまり話す機会のなかった勝俣から、"熱い"忠告を受けることになったKinKi Kidsの2人は素直に納得した様子であった。

 勝俣から「今回は私が汗をかいて見つけてきたお取り寄せ(グルメ)を2人に提供したい」と、この日の企画の趣旨を説明されると、光一は「ここに移動してくる車の中で、出されたお弁当を贅沢に食べしてしまいましたね」と一言。「2個食い? え?」と焦った表情をみせる勝俣に「はい」としたり顔の光一。勝俣は「フルコース用意してあるんだけど、何それ!!」と問うと、光一は「(スタッフに)言ってよ!」と叫んだ。そして、剛までもが「僕もさぁ、フルコースって聞いてないから、崎陽軒食べちゃった」「シュウマイ弁当とねファーストフード食べちゃった」と明かしたので、苦笑するしかない勝俣は「でも大丈夫! 多少入っててもいけるから。2人の笑顔が見たくて今日来たんですから!」と前向きに切り替えて、スタートした。

 「お取り寄せハウス」の室内にはテーブルと椅子が用意されている。そこに約15年、都道府県別のグルメ情報を書きためた自作のグルメノートを持ち歩く食通・勝俣が、そのノートの中から選んだ「今一押し」の4品が届くという。勝俣は自分のお気に入りのワイナリーであるココ・ファーム・ワイナリーがチョイスしてくれたワインとともにお取り寄せグルメをフルコースにして「2人に喜んでもらいたい」と話した。

tv_1006_08.jpg

山崎精肉店公式サイト(リンク

 食前酒のスパークリングワインの旨さに既に満足げな3人。1品目の菊屋(千葉県成田市)からの特上蒲焼きに「2012第一楽章」という赤ワインの組み合わせの妙に、剛は「ありがとうございます」と勝俣とガッチリ握手するまで感動しきった。2品目の山崎精肉店(静岡)からの自家製しもふり豚の味噌漬けは、焼いて調理する必要があるため、キッチンへ移動。

 そこでは、光一がフライパンに油を入れた途端、勝俣が「もう油いれるの?」「油って最初に入れるの?」と騒ぎだし、「うるさい姑みたいです」と剛からツッコミが入った。勝俣は付け合わせのにんじんの皮をむいて流しに捨てる剛にも「えっ?」「一番栄養あるとこ、捨ててる! スイカの赤い所、捨ててるようなもんだよ!」と始終"うるさい姑"のようで、KinKi Kidsの二人から"面倒くさ"がられる始末に。完成後の実食では、肉の焼き加減の程よさに、光一の腕の良さが褒め称えられた。

tv_1006_09.jpg

中華蕎麦とみ田公式サイト(リンク

 そして3品目の中華蕎麦とみ田(千葉県松戸市)のつけそばが届く。ラーメンについては、特にこだわりが強い勝俣はラーメン専用のグルメノートも持っているという。そこには、スープは何でとる、麺は自家製なのか、麺の加水率は......と書き込まれていると説明する勝俣に、光一が「最初はちょっと感動したんですけど、さっき一緒に料理して、あの......"面倒くせ!"と思った」と感想を述べた。また、勝俣は週の半分をラーメン屋に通っていると言い、そうしないと「追い付かない」「背中が見えなくなる(最新情報を「ラーメン屋の背中」という比喩で)」「よそ見してたら、いなくなっちゃう」と語ると、剛も「ちょっと......やっぱり、"面倒くさい"ですね」と漏らした。

 続いて、一同は庭へ移動し、ラーメンの湯切りにチャレンジすることに。腕をぐるぐる回しながら庭ならではの豪快な湯切りをするも、その最中に何故か器にスープを入れずにタオルを入れた光一には、勝俣が「何入れてんの?」と疑問をぶつけた。光一の不可解な行動......これにはワケがあったようで、実食の時間に発覚した衝撃の事実とは__。

 完成したつけめんを前に光一が「僕"つけめん"という存在を知ったのが去年なんです」と打ち明けると、勝俣と剛ともに「えっ!?」と驚きの表情になった。さらに光一は「しかもニューヨークで初めて(知った)」と続けて、「ニューヨーク!?」と勝俣は絶句し、剛は「日本の方ですよね?」と落ち着いたトーンでイジッてみせた。3人は勝俣が「日本一」と認めるつけめんとそれにピッタリなワインにご満悦に。

 そこへ、締めのデザート・西洋料理 明治の館(栃木)のチーズケーキ ニルバーナ レアが到着。レアチーズケーキの「舌の上に残る」上品な味わいに一同、感服した。勝俣が厳選したお取り寄せグルメを堪能したKinKi Kidsは、「大満足です」(剛)、「ハズレがながったですね」(光一)と笑顔をみせた。
 気を良くした勝俣は「いつもKinKi Kidsは人のためにやってるけど、疲れたときに僕がエネルギーを入れに来ますよ!」「だから"面倒くさい"とか言わないでよ」「"面倒くさい"禁句だからね」と案外、"面倒くさい"と言われたことを気にしていたようだ。


(提供=テレビマニア