>  > 鍋空焚きで焦がす&具材"ブチ込み"の斬新ちゃんこ......『ももクロCHAN』、新日本プロレス道場で「杏果の大喜料理」!
ワイドショーななめ読み

鍋空焚きで焦がす&具材"ブチ込み"の斬新ちゃんこ......『ももクロCHAN』、新日本プロレス道場で「杏果の大喜料理」!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tx_1030_03_01.jpg

『ももクロChan』第4弾 ど深夜★番長がやって来た! Blu-ray第20集


 10月27日深夜放送の『ももクロChan』(テレビ朝日系)で、ももいろクローバーZの有安杏果が「大喜料理」に挑戦し、豪快な料理でメンバー達を震え上がらせた。

 同番組には以前、ももクロのファン"モノノフ"レスラーとして話題の邪道選手が出演して有安と対面し、『ももクロChan』に確実に出演できる権利を獲得。前週の放送では、その約束を果たすべく有安、百田夏菜子、佐々木彩夏、高城れに、玉井詩織らももクロメンバーが新日本プロレスの道場を訪れ、有安が大喜料理を行うことが説明された。

 大喜料理とは、お題に沿った料理を有安が20分以内に即興で作るコーナーで、以前には「ミックスケチフライ」というコンニャクフライを作成している。しかし、有安はアク抜きを一切せず生臭いままのコンニャクを、中途半端な温度の油で中途半端に揚げるという荒業を披露。食べさせられたメンバー達も、「言葉にならない」「コンニャクの汁がまた嫌な感じに出てきちゃう」としかめっ面を見せていた。

 このようにメンバー達にトラウマを植えつけた「杏果の大喜料理」だが、今回は道場にある食材と調理器具を使用。料理の判定は、有安以外の4人とお笑いトリオ・東京03の飯塚悟志、そして有安の大ファンである邪道選手と、元レスラーで道場の寮長を務める小林邦昭が行う。

 今回のお題「キングオブちゃんこ~ストロングスタイル仕立て~」に、有安は「ストロングスタイルって何?」「ストロングって強いって意味だよね?」とキョトン顔。邪道選手と小林にも「分からない」と言われてしまったが、ストロングスタイルとは新日本プロレスを創設した元レスラー・アントニオ猪木が提唱した、「強い者が主導権を取れる」という考え方のこと。有安にはこれを踏まえてちゃんこを作ってもらうということだが、飯塚から「イメージ出来上がってます?」と聞かれた有安は、「でも鍋ですよね? 鍋って、(適当に具材を)ブチ込めればいい」と安易な発言をし、メンバー達を恐怖させた。それでも有安は「グツグツにブチ込めれば完成」と余裕の笑顔。ここで高城から、「有安さん、『ストロングスタイル』だからね?」「ただブチ込むだけじゃダメ」と、あくまで大喜利であると念押しが入り、不安だらけの大喜料理がスタートした。

 有安はまず、きちんと手を洗ってから冷蔵庫の中身を確認。その後、鍋を取り出した有安は、20分しかないのに左右どちらのコンロに置くかでも迷っていた。様子を見守る審査員たちは、新日本プロレスの食事事情の話題に。邪道選手が「やっぱり先輩からですよね、食べるのは」と上下関係による食事順に言及すると、百田が「最近みんなで話すんですけど、あーりん(佐々木)が最年長じゃなくてよかったねって」と言い、玉井も「あーりんが年上だったとしたら肉全部ないよね」と同意。これに佐々木は、「逆かもしれない。年下だから今、自由奔放にできてるだけかもしれない」と反論した。

 するとここで玉井が、「ちょっと待って! 有安さん、(鍋が)空の状態で火を......」と、調理場の有安の動きに気付いた。見ると、有安は本当に何も入っていない鍋を火にかけようとしており、メンバー達は悲鳴を上げ、飯塚も「怖い怖い怖い!」「これやっちゃいけないやつ」「空焚きですよね!?」と大慌て。しかし、有安はそんな声を無視して鍋に少量のサラダ油を投入。思わず飯塚が「これは何? 理科の実験?」とツッコミを入れたところで、黙って見ていた小林が立ち上がり、調理場に入るとすぐに火を止め、焦げた鍋を流しに運んで水で洗った。この様子に、飯塚が「今回、前回よりヒドいかもしれないですね!」と口にするほど、出だしから大苦戦の有安。邪道選手は「(こんな有安でも)全然大丈夫ですよ」と見守り、小林がきれいに洗って水を入れた鍋を火にかけて、ようやく調理がスタートした。

 スタッフに切るのを手伝ってもらった大量の鶏肉を、鍋にブチ込んでいく有安。メンバー達は不安がりながらも、百田の「お肉先に入れてくれたらさ、煮込まれるじゃん。火通るし......」という言葉には納得した様子。しかし、味付けもないまま続けて豚肉を投入していく有安に、さすがの邪道選手も「ちょっとヤバイ雰囲気が」と苦笑いを浮かべた。大喜利のお題通り「ストロングっぽい」料理ではあるが、肉まみれの鍋には油も浮いていて、やはり恐怖を隠せない審査員達。その後、有安は旨味調味料や鶏スープの素、味付けポン酢を目分量で入れ、味見で計量スプーンを使うという斬新なスタイルを披露し、メンバー達を笑わせた。

 味付けのイメージについて、有安は「これはもう『ストロングスタイル』です」と断言。そのままキャベツやエノキなど肉以外の食材をブチ込み始めたが、この時点で15分が経過していた。玉井からは「延長を希望します」「まだ食べれないよ!」という意見が飛び出し、他のメンバー達も「ほぼ生だよ......」と不安声。料理に夢中な有安は長ネギやほうれん草をブチ込むが、今回も一切アクをすくっていない。しかし、飯塚が「邪道さん、今のところどうですか?」と尋ねると、邪道選手は「100点ですよ」と優しい回答で有安を信じ続けた。

 最後に味見をした有安は「うん、なんか......味はする」と頷き、火を大きくしたためにアクがぶくぶくと浮き上がってきた鍋に、忘れていた豆腐を追加。なんとか時間内に料理を終えることができた。有安は、味わってもらいたポイントについて「すごいストロングにいったんですけど、やっぱり鍋はブチ込めれば何でもOKだったって分かりました!」と、満面の笑み。飯塚が「食べてから判断します」と口を挟んだが、有安は「みんな思ってる以上に意外と形にはなってます」と主張し、自信をのぞかせた。

 来週の放送では、ついにその味が判定される。

※サムネイル画像は『ももクロChan』公式サイトより(リンク

(文=テレビマニア