>  > 元モーニング娘。加護亜依が過去のイジメ、恋愛事情、AVオファーを激白......「そりゃおかしくなっちゃうよね、人生」
ワイドショーななめ読み

元モーニング娘。加護亜依が過去のイジメ、恋愛事情、AVオファーを激白......「そりゃおかしくなっちゃうよね、人生」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tv_1031_01_01.jpg

加護亜依オフィシャルブログ(リンク


 10月29日放送の『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~』(テレビ東京)の"TVから消えた!アノ芸能人は今...大暴露SP"に、元モーニング娘。の加護亜依が登場し、その波乱万丈の人生を激白した。

 加護は当時12歳でオーディションを勝ち抜き、国民的アイドルグループ・モーニング娘。に加入。その後、グループ最年少として瞬く間に大ブレイクを果たすも、モー娘。卒業後の2006年に当時未成年での喫煙がスクープされて事務所解雇に。そのため加護は、しばらく芸能活動を停止していた。

 登場した加護に、番組MCのネプチューン・名倉潤は「久しぶりやね」「何歳ぐらいの時、共演したっけ?」と声を掛けた。16歳の時と答えた加護が、「もうすぐ28歳です」と現在の年齢を口にすると、名倉は「まだ28歳!?」と目を丸くした。

 最初に加護が語ったのは、辞めた今だから話せる「モー娘。時代の激ヤバ話」。名倉から「(オーディションに)合格した時の周りの反応は?」と尋ねられた加護は、「知らない親戚がすごいいっぱい出来て」「友達とかも、全然知らない人とかも『俺、加護ちゃん友達だよ』とか勝手に言われて」と、当時を振り返った。また、生活の変化については「(上京して祖母と住んだ)家がマンションだったんですけど、4LDKの家に住んで」「(自家用車が)ベンツになったり」と、家族が潤っていた様子。加護本人は、「未成年だったので、親にお金を預けてたんですね。だから、お金をいくら貰ってるって分からなかったんです」と、ギャラを把握していなかったそうだが、「当時、長者番付みたいなやつに、未成年で載ってました」とも語り、頭を掻きながら「そりゃおかしくなっちゃうよね、人生」と自虐して、共演者らを笑わせた。

 芸能界では大金を稼ぐ人気者になった加護だが、有名になったが故に、通っていた中学校では壮絶なイジメを受けていたという。イジメの内容について、加護は「靴箱あるじゃないですか。私の靴の中にカッターナイフが入ってた」と、カッターナイフの刃だけが入れられていたことや、他にも生卵が入っていたこともあると激白。そのため、本来は学校に置いておくシューズも持って帰って通うという対策をとっていたそうだが、靴のイジメ以外にも「校庭に入った時に上からツバかけてきたりとか」「学校内で(モー娘。のシングル曲)『ザ☆ピ~ス』の携帯の着信音にされたりとか」といった嫌がらせを受けていたことを明かした。

 さらに、人気絶頂期には公に出来なかった"恐怖の女性ストーカー事件"に巻き込まれていたとも。加護は「気持ち悪い女の子のファンがいて」と語り出し、「申し訳ないんですけど、ほんと、彼女みたいな......」と言って、番組アシスタントで後ろに座っていたグラビアアイドル・天木じゅんを振り返った。天木は笑いながら「ちょっと!」と抗議したが、加護曰く「(天木のような)ふわふわふわ~みたいな子」が、自宅前に居たとのこと。当時、加護がラジオの仕事を終えて自宅に帰ると、熱狂的な女性ファンが待ち伏せしていたと言い、しかもその女性ファンは加護と同じチェックのコートを着ていたそう。驚いた加護が「何でいるんですか?」と聞くと、女性ファンは泣きながら「あいぼん来ていいって言ったじゃん」と、加護にはもちろん身に覚えのないことを主張をしてきたという。そして、その後に行われたライブの会場でも、女性ファンは1番前の席で「私のことなめないでよ」と書かれたブック帳を掲げていたんだとか。何故か恨まれてしまった加護は、そのことをマネージャーに伝え、マネージャーがその女性ファンと接触して「どうしていつも泣いてるの?」と話を聞いたところ、彼女は「生放送で加護ちゃんと約束した」と言い、どうやら加護が「はい」と言っているタイミングでテレビに向かって「今日行ってもいい?」などと話し掛けていたことが判明したという。

 その後、話題はモー娘。時代の恋愛話に。名倉から「ぶっちゃけ当時は彼氏とかいたりしたの?」と問われた加護は、最初は「当時は本当にいなかったんですよ」と否定したが、再度強めに確認されると、「ぶっちゃけ言うと...いました」と、彼氏がいたことを白状した。それは加護が15歳の時のことで相手は「17歳」、「番組(の収録)」で知り合った共演者の「歌手」で「グループ(に所属していた)」と言い、マスコミに撮られたことはなく、「番組のプロデューサーさんが、『この人が加護ちゃんのこと好きだからメールしたいんだって』って言われて、『じゃあいいですよ』って言って、ほんとマネージャーさんも知らなくて」といった関係だったそう。しかし交際期間は半年間と短く、「本当にピュアな恋。何もしてない」と加護。すると名倉が、「何もしてないんだったらええやん。ちょっとおいで」と加護を呼び、耳打ちで相手の名前を聞き出した。加護の元彼の名前を聞いた名倉は「はぁ~」と感心し、共演者達から気になるとせがまれても「ダメダメ、ダメなやつです」と公開を拒否した。そんな彼氏との交際について、加護は「すごい有名な方だったし、互いに目立ったので、ダンボールの中に入れて、その人を。で(自宅に)運んでもらう」という方法で逢瀬を重ねていたと話した。斬新な逢瀬に共演者らは驚いたが、名倉は「一個も(情報)漏れてないもん、これ。誰も知らないと思う。漏れてないということは、ダンボール作戦ありやで」と太鼓判。「誰かは知らなあかんけどな。1人か2人ね、協力者はいるけどね」という名倉の言葉にも、加護は「そうです」と肯定したが、ゲストのオリエンタルラジオ・藤森慎吾から「重さ考えたら加護ちゃんが入った方が絶対良かった」と指摘されると、これにも加護は「そうですね」と納得した。

 続いて、ついに名倉が「モーニング娘。を卒業して色々ありましたよね」と、加護の数々の騒動に斬り込んだ。「色々ありましたね、すみません」と頭を下げた加護。名倉から「タバコは美味しかったの?」と聞かれると、「もともと全然おいしいと思ってなくて」と話したが、「何でかって言ったら、私声こんなじゃないですか。それでハスキーな人の声にすごい憧れて......」「当時、中島美嘉さんとかそういうかっこいい人たちの声になりたくて吸ったら、ちょっとハマっちゃって」と、タバコが「おいしくなっちゃって」「やめれなくなっちゃった」ことを告白。そして、「解雇された後はパパラッチにも追われたり、『加護ちゃん、え~』っていう状況だったし、ニュースかけても私のことばかり書いてたので」と、騒動後の生活を振り返った。また、「まだ10代というのもあって、自分だけでは背負えなくなって、日本にいたくないと思ってロサンゼルスに行くことを決めた」「(ロサンゼルスでは)オーディションを受けたりとか、親戚が住んでるのでそこに私がホームステイという形でいさせてもらって、お友達を増やしたりとかして。コミュニケーションですよね、いろんな人を見て勉強しようと思って」と、芸能活動停止中の海外生活を語った。

 ここで名倉から、「勝手なイメージなんやけど、加護ちゃんはダメ男を好きになる傾向があるの?」という質問が飛び出した。一部報道で加護は、2009年に俳優・水元秀二郎との不倫や、2011年には当時交際中だった飲食店経営者社長と暴力団の親密な関係が伝えられ、この社長と結婚後するも2015年夏には"泥沼離婚"が報じられた。名倉の質問に対し、加護は「そう思うでしょう? 逆なの」と言い、「隠そうとしている恋愛は(世間に)必ず出てしまう。なんでかって言ったら自分がこの人嫌だなって思いながら付き合ってるから」「すごくいい人の時は友達にも言ってたし知ってたし、そういう人とは絶対にリークされないし出ないの」と説明。しかし「男運が悪いんじゃなくて、自分がいけないんじゃないかなって思います。自分がもっとしっかりしていれば(ダメ男と付き合わない)」「自分がそういう人を寄せ付けて、自分もそういう人になっていく」と反省も見せた。

 次に、2014年に話題になった加護のAV出演騒動の裏話へ。加護は「実際にオファーありました」と言い、「これ(ヌード)はアーティストだからみたいな。アーティストを強調するんですよ」と、巧妙なオファーの手口を暴露。加護は「私アメリカから戻って帰国子女みたいな気持ちだったんで、『ああ(自分は)アーティストだな』って」と、当初は乗せられてその気になっていたと話した。しかし「どうせ(脱ぐなら)キレイなうちになんて思ってたら、どんどんそれがエスカレートしちゃって」「それでなんか『すごく有名な映画の話が来たよ』って言われて、『おかしいな』と思って調べてもらったらそれがポルノ映画で、結構本当に全裸っていう話だった」ため、オファーを断ったという。提示された金額を尋ねられた加護が「1600万円」と答えると、名倉達は「ちょっと少なくない?」とざわついた。加護は、「少なくて、私ってそんな価値なんだってしょんぼりしました」と苦笑したが、「本当に自分が女優さんだったら、脱ぐことって別に悪いことではないと思うんですよね」「でも、自分がやりたいこととは全く異なったから、違ったかな」と語った。これについてゲストのグラビアアイドル・杉原杏璃も、ヌードのオファーはあるが「やっぱり金額で左右される」「頭の中で計算すると、『これでグラビアアイドルやめることになるんだったらやめよう』みたいな」という風に考えるとのこと。しかし、杉原が提示されるのは「5000万円」と加護の倍以上の金額だそうで、藤森は「加護ちゃんどんだけ足元見られてるの」と心配そうに声を掛けた。

 現在はフリーで何の活動もしていないという加護は、「やっぱり歌をしたいですね」と歌手活動に意欲的。最後は、加護がモー娘。の2000年のシングル「ハッピーサマーウェディング」を歌い、約10年ぶりにテレビで歌声を披露した。

 この他、"TVから消えた!アノ芸能人"として出演したのは元AV女優・夏目ナナと、元歌舞伎町のカリスマホスト・城咲仁、直木賞作家・志茂田景樹の3人。24歳でAVデビューした夏目は累計売上30億円以上を記録する人気女優だったが、人気絶頂当時のギャラは給料制で月収100万円もなかったそう。また、引退前に写真家・篠山紀信の撮影でにスキンヘッドにしていたため、引退作品はパッケージ含めてすべてカツラを被って臨んでいたことも明かした。一方、城咲は年収1億円のホスト時代から一転、現在は家賃10万円以下のワンルームに住み、車も売って電車移動しているんだとか。しかし、現在はテレビショッピングのコンサルティングをメインの収入源にし、1日で1億7000万円売り上げることもあると言い、最終的には役者の仕事を増やせるように頑張っているという。さらに、志茂田は現在「よい子に読み聞かせ隊」を結成して、子ども達に絵本を読み聞かせる活動を行っているとのことだった。

(文=テレビマニア