>  > 『ヨソで言わんとい亭』で"整形モンスター"が激ヤバ告白!! 「AVと風俗で稼いで整形」「浜崎あゆみに近付きたくて......」
ワイドショーななめ読み

『ヨソで言わんとい亭』で"整形モンスター"が激ヤバ告白!! 「AVと風俗で稼いで整形」「浜崎あゆみに近付きたくて......」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tv_1016_10.jpg

『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~』(リンク


 10月15日深夜放送の『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~』(テレビ東京)に整形を繰り返す男女"整形モンスター"が登場し、ヤバすぎる実話を大暴露した。

 この日、番組MCのネプチューン・名倉潤、次長課長・河本準一、モデル・朝比奈彩の前に現れたのは、ホスト・東城誠、元セクシー女優・七瀬リナ、キャバ嬢・一条ありさの整形モンスター3人と、美容整形外科の近藤惣一郎医師。名倉達は何よりも先に近藤医師の見た目の"チャラさ"に目を向けたが、彼は脳外科出身のエリートで、年間1200件以上の整形手術を担当する人気のドクターなんだとか。

 最初の整形モンスターには、1000万円以上の顔面整形費用を掛けて歌舞伎町「PLATINA」のNo.1ホストに君臨している東城が紹介された。これまでにおよそ20回の顔面整形を繰り返してきたとのことで、整形前の写真と比較してみると、その差は歴然。ゲストのグラビアアイドル・手島優は「こっちの方が全然カッコいいのに」とコメントしたが、東城は帝京高校のサッカー部に所属していたにも関わらず、3年間ずっとチェリーボーイだった過去を告白。そしてサッカーの道を諦めて、高校卒業後の18歳で歌舞伎町のホストになるも全く売れず、「この顔だとやっぱり需要がない」と思い整形を決断したという。

tv_1016_12.jpg

東城誠オフィシャルブログ「東城誠さま オフィシャルブログ」より(リンク

 東城は最初に30万円掛けて目を二重にし、指名客が倍増したのを実感したそうだ。そのことで自分に自信がつき、味をしめた東城はその後、鼻、口、(再度)目、輪郭、顎、歯など顔面すべての部位を改造。特に鼻にはこだわって5回の整形で約300万円をつぎ込んだというが、近藤医師は整形のしすぎに警鐘を鳴らし、東城自身も「結構、息するのも苦しくなってきてて、5回がたぶんリミット」と語った。さらに東城は、ホストクラブの客からも「整形費用出してあげるからやってよ」と言われることもあると話し、客からのプレゼントは"支配欲"から来ていると分析。そのため、東城にとって客の金で整形することは「私の名前をタトゥーで入れてよ」と言われているのと同じように感じるそうで、整形費用は自分で稼いで出しているという。東城は現在、「No.2のなり方を忘れた」というほど売れていると言い、「整形したイケメンが結果的に最強」と主張した。

 続いての整形モンスターは、元セクシー女優の七瀬。1年前、整形による激ヤセがネット上で話題となり、その姿は海外のメディアにも取り上げられた。これまで30回以上に渡って整形してきたという七瀬だが、元々の写真が映し出されるとスタジオからは「可愛い!」と声が上がったほど。驚いた名倉も「何が不満?」と確認したが、七瀬本人は「目と鼻がコンプレックス」だったと言い、18歳の時に整形を決断したという。しかし整形後、原型を留めないほど大きな目、くっきりした鼻、細ずぎる顎のラインといった人間離れした顔の七瀬の写真がネットに出回り、「激変すぎる」と大騒ぎになったのだ。

 七瀬によれば、目は約50万円、鼻は約300万円ほどで整形を行ったそうだが、ネットが最も騒然としたのは、「『ハリー・ポッター』のドビーに似てる」とも指摘された顎のライン。身長160cmの七瀬はピークの体重53kgを気にして全身の脂肪吸引を行い、その副作用の痛みから歩くことも起き上がることもできないほど体力が低下したと説明。さらに、七瀬は脂肪吸引だけでは物足りず、海外のダイエットサプリを飲んで34kgの激ヤセを遂げたと語った。当時は拒食症気味で倒れてばかりだったというが、今は治っているとのこと。しかし、整形費用は脂肪吸引だけで500~600万円、顔面も含めて総額2000万円以上掛かったそうだ。

七瀬リナtwitterより(リンク

 七瀬は、AV出演と風俗で合わせて稼いだ月収200万円ほどの大半を整形費用に充てていたと言い、また整形するためにセクシー女優になったとも話した。ここまで整形にこだわる理由として、七瀬は「昔から友達が少なくて、学生時代のあだ名がゴキブリからとって"ゴッキー"だった」と、辛いイジメにあっていた"心の闇"を告白。自分の顔を変えたくて、整形費用を稼ぐために高卒でセクシー女優の道を選んだという。七瀬は「17歳から決めてた。18歳になったらAV女優になるって」「1回エッチするだけで何十万って貰えるのは魅力的」と語り、河本の「エッチが好きなの?」という問いかけにも「お金が好き」と即答。その後も「お金しかいない」「『お金が一番』っていう風に(親に教えられられて)育ってきたから」と話す七瀬だったが、両親は七瀬がAVに出ていたことは知らないとのこと。驚いた河本が「(テレビで)言うてもうてるけど大丈夫か?」と確認したが、七瀬は「(放送時間帯には)寝てると思う」と笑った。

 また、七瀬は整形費用を稼いでいた当時の生活について「風俗とかしてたらやっぱ病んでくるから、それでどんどんマイナスになった」と振り返ったが、現在は体重も回復して充実した日々を送っているそうだ。名倉は、決して整形は悪いことではないとした上で、七瀬が「お金だけ信用してる」ということを気にし、「21歳なんて人生なんぼでも変えられる。心を変えるための整形」と熱弁。「(これから)普通の仕事できるかな?」と心配する七瀬にも、名倉は「出来る!」と力強く断言した。

 最後の整形モンスターは、15歳から整形し続けている六本木のカリスマキャバ嬢・一条。一条も目の整形からスタートしたというが、「顔のマッサージとか行くと(二重が)取れちゃったり」という衝撃の暴露や、ほかにも「お酒飲んだりすると痛くなったりする。最近だとリフトアップしたところがたまにピキピキする」と整形のトラブル例を挙げた。そんな一条の顔面整形は、「一番最初は、私達の時代だと浜崎あゆみさんがブームの時代で」「あゆ様に近づきたい!」と思ったのが始まりだったんだとか。約5年前に浜崎に似せた歌舞伎町時代の顔面の写真が公開されると、出演者達は「別人みたい!」「迫力がすごい」と驚愕。六本木で働く現在の写真とは本当に別人のようで、これについて一条は「肌とかも新宿では(ウケないから)焼いてなかった」「人間っぽくない人が本当にウケる」「(六本木では)モデルの卵とかがちらほら隠れてるんで」「黒い子が多くて、海好きそうな健康的なナチュラル志向な黒髪の子とか」と、歌舞伎町と六本木の客の好みが違うことを説明した。

tv_1016_11.jpg

一条ありさオフィシャルブログ「Need Sea」より(リンク

 さらに、一条は「前の鼻(の整形費用・150万円ほど)はお客さんに出してもらいました」と言い、整形代は"極太客"から貢いでもらっていることを明かした。しかも、整形のために入院して1か月ほど仕事を休んでも「次の月は誕生日じゃないけど、お客さんがお祝いしに来てくれる」ため、休んでいた間に使ったお金や整形代が次の月には帰ってくると語った。


(文=テレビマニア