>  > 【裁判所24時】愛しのスーパーカーで首都高を駆け抜けた「辰巳会」会長に求刑!
今井亮一の「裁判傍聴バカ一代」R-ZONE出張版

【裁判所24時】愛しのスーパーカーで首都高を駆け抜けた「辰巳会」会長に求刑!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランボルギーニで首都高暴走男の裁判

imai0918_02.png

「ランボルギーニやフェラーリで首都高暴走......スーパーカーグループ「辰巳会」会長ら書類送検 ナンバー付けず 警視庁」産経ニュース(リンク)

 スーパーカーの愛好家グループ「辰巳会」が、ナンバープレートを外したランボルギーニやフェラーリで首都高を暴走するなどし、7人が書類送検された。「隊長」を務める会社役員(49歳)の容疑は、ナンバーなしのランボルギーニを運転して首都高を189キロで...!
 そんな大報道が今年6月にあったのをご記憶だろう。ネットでもずいぶんネタになった。
 
 


imai0918_03.jpg

東京高地簡裁合同庁舎より。撮影=今井亮一

 首都高の制限速度は、いちばん高いところで80キロ。少なくとも109キロ超過。これは間違いなく東京地裁の法廷へ出てくる。
 俺は頑張ってその期日を調べ、傍聴してきたっ!

 9月16日(水)11時~12時、東京地裁710号法廷で「道路交通法違反」の新件。
 傍聴席が52席もある広い法廷なのに、傍聴人は数人ぽっち。そりゃそうだ。同時刻から別の法廷で「強制わいせつ、強盗」や「準強制わいせつ、強制わいせつ」や「死体遺棄」があるんだもん。