>  > 久留米市で21歳男、26歳女と未成年女性2人の4人で19歳女性を車のトランクに監禁した理由
元極道の異色作家・沖田臥竜のニュース解説  「プロ」はニュースはこう読む!

久留米市で21歳男、26歳女と未成年女性2人の4人で19歳女性を車のトランクに監禁した理由

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月22日夜、19歳の少女を車内に監禁した疑いで、交際していた男らが逮捕されました。午前1時前、女性の声で「弟が女性を車で連れ去っている」と福岡県警に通報があり、警察が調べたところ、午前3時すぎ、佐賀県との県境付近で、該当する車両を発見。停止を求めたものの車は逃走し、およそ1時間半の逃走劇の末、車が歩道に乗り上げたところを現行犯逮捕しました。目撃者は「100km/h以上でとばしていて、パトカーが4台、一番後ろに覆面が1台」と話しています。逮捕されたのは、久留米市の斉藤大翔容疑者と、知人の女3人。車のトランクからは斉藤容疑者の元交際相手の19歳の少女が発見されました。斉藤容疑者は、「別れ方について話し合いをするつもりだった。監禁はしていない」と容疑を否認しています。


男女の別れ話にくっついてきた女3人


okita_news_0926_04jpg.jpg

斉藤大翔容疑者のフェイスブックより

 たいしたタマである。トランクに元彼女をぶち込んでおいて、どんな「別れ方についての話し合い」をするつもりであったのか。運転席とトランクとで会話できるのか?

 あげく「監禁はしていない」だと? だったら斎藤、なぜ逃げた。

 どうせすぐに「被害者が『監禁された』と言ってるのなら、認めるしかない」みたいに供述変えるクセに。

 しかし、である。なぜ、共犯者となっている3人が女の子なのだ。

 男友達がいなかったのか。それともこの斎藤、モテモテだったのか(ま、そりゃないか)。

 そのうち2人は未成年。残る1人は26歳。未成年の子達はまだしも、26歳のほうはトランクに人を突っ込めば大変な事になると想像もできなかったのだろうか。それくらい斎藤が恐かったのか。はたまた彼女も斎藤レベルなのか。なんとも精神年齢が低めなようである。

 共犯者の女性陣はともかく、元彼女にはたいがい嫌われていたのであろうな。おそらく別れ方の話し合い(この言葉自体解せぬが......)の場所にも来たくないくらい、元彼女は斎藤の事を嫌がっていたはずである。

 だけどなぜ、彼氏彼女の関係にあった二人が、物々しい逮捕劇を作ってしまったのであろうか。

 斎藤の女々しさなのか、引きずった未練なのかわからないが、嫌われていた事には間違いないのだから、綺麗サッパリ別れてやるべきだった。

 実の姉から警察に通報され、女の子3人を道連れにし、最後の瞬間まで元彼女に恐怖を刻みつけて、今の斎藤に何が残っているのか。斎藤1人のおかげで、何人もの人間が迷惑しているではないか。これだけでも、斎藤に女性と付き合う資格はない。

追跡劇を偶然目撃された方のtwitter



 しかし警察も一生懸命なのは分かるが、後方からいくら追跡したところで、成果はあがらんだろう。5台ものパトカーで追っかけたようだが、何台であろうがケツから追跡しているだけでは、申し訳ないがムダである。見た目には派手さや物々しさという演出はかもし出せるかもしれないが、それだけである。前方を封鎖させないから、1時間半も追っかけまわすはめになってしまったのである。

 一般車両は、さぞや邪魔だったに違いない。



沖田臥竜
兵庫県尼崎市出身。日本最大の暴力団組織二次団体の元最高幹部。前科8犯。21歳から29歳までの8年間服役。その出所後わずか半年で逮捕され、30歳から34歳までまた4年間服役と、通算12年間を獄中で過ごす(うち9年間は独居)。現在、本サイトで小説『死に体』を好評連載中。