>  > 「下腹部」ってちょん切れるものなの? 〜ニュースの素朴な疑問
R-ZONEニュースナナメ読み

「下腹部」ってちょん切れるものなの? 〜ニュースの素朴な疑問

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下腹部を襲う=?

 またわからない事件が発生しました。
「枝切りバサミで男性弁護士の下腹部傷つける」(産経)
「弁護士の下腹部傷つけた疑い」(日経)
「弁護士の下腹部を枝切りばさみで襲う」(日刊スポーツ)

 この見出しを読んで
「性器をちょん切った」と読めや、という方がムリです(しかもトイレに捨てたそうですが...)。

 
 ちょっと話が見える気がするのが、ここら辺
「弁護士の"下腹部"をはさみで切断」(テレビ朝日)
「東京・港区で40代弁護士が下腹部切り取られる」(FNN)
「弁護士の男性の下腹部を切断した大学院生を逮捕」(ライブドアニュース)
ですが、それでも「下腹部」って、おヘソの下全体のイメージですよね。
 それに「はさみ」と「枝切りばさみ」では、だいぶニュアンス違いますし。

aoyama_chongiri.png

「弁護士の下腹部傷つけた疑い、大学院生を逮捕 警視庁」日本経済新聞WEBより(リンク

 大手メディアが「性器」とズバリ書かなかった理由について、弁護士のAさんは「警察発表がそうなっていたからではないでしょうか」と分析されています。
「最近は『炎上』の問題で、メディアもできるだけ過激な表現は使いたくないようです。警察発表をそのまま載せれば、何かあった時にも警察のせいにできますしね(笑)。 あとは被害者は弁護士で、浮気が原因のようですから、『かわいそう』と思ったのかもしれません。私もかわいそうだと思いました」

 最後の感想はいらなかったですが、男のコカンいやコケンに関わるということでしょうかね。
 既に犯人さんはネットにさらされているので、ここでは論じませんが、浮気したパートナーではなく浮気相手を攻撃したくなるのは、「女性の感じ方」(オトコはそんなメメしいことはしないということらしい)である、と小泉八雲の聞き書き『破られた約束』にあります。
 これについては前から「絶対に違う」と思ってました。やっぱり!という感じです。


(取材・文=吉原美姫)

aoyama_hasami_tum.jpg

あんまり近づけなかったのかな? 出典:amazon(リンク