>  > 小泉ジュニアの熱愛報道から個人情報保護を考える
R-ZONEニュースナナメ読み

小泉ジュニアの熱愛報道から個人情報保護を考える

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未来の首相候補の初スキャンダル

bunnshunn_nakaduri.jpg

週刊文春8月13・20日号広告。電車に吊るされたものには「抱いた」が「●いた」になっていたところも。

 「バーの女性」「ハーフ美女」「実はゲイ」など以前から浮かんでは消えていた政界のプリンスこと小泉進次郎氏の「お相手」報道ですが、ついに『週刊文春』(8月13・20日号)が「小泉進次郎が抱いた女」と報じました。

 お二人が表参道でお寿司を食べてから、別々に東京プリンスホテルの同じ部屋に入っていくところから、午前2時に「彼女」(東北のお嬢様だそうです)が出ていくところを追っているのですが、「かわいいねえ」とかいう声まで聞こえていたそうです。
 お二人とも独身だそうで(彼女さんはバツイチ)、おめでたいことだと思うのですが、気になったのは、「ホテルのお部屋の会話って、そこまで漏れてるのか!」ということと、日刊ゲンダイさんの後追い取材に対してお寿司屋さんが「来店」(さすがに彼女さんの件はナシですが)を認めたこと。これって、プライバシー的にアリなんでしょうか。

「一般のシティホテルは、ドアの下から案内のペーパーなどを入れることもあるので、わざと隙間が作られていて、防音はそれほどでもありません。構造や築年数も影響するでしょう。とはいえクリアに聞こえすぎとは思いますが(苦笑) 問題は寿司屋ですね。進次郎さんが有名人だとしても、お店の方がメディアに明かしてしまうのは問題があると言わざるをえません。お店の名前は出ていませんが、今はネットで調べるとわかってしまうこともあるでしょうから」(弁護士のAさん)

 個人情報の問題で、訴訟沙汰もあるってことでしょうか。
 ただし、芸能界に詳しい方によると、「今回の報道は、もう小泉家とメディアで話がついてるのでしょう。単なる話題作りだと思います。そもそも父の小泉純一郎氏は離婚歴があり、『右手が恋人』と公言するようなシモネタOKの人ですから、進次郎さんもあまり気にしていないのでは?」(芸能系ライターBさん)

 ありましたね、「右手」のお話。シロウト的にはお寿司屋さんにも気軽に行けないなんて、おちおち有名にもなれないなあと思ってしまうのですが、ひとまず未来の首相候補のお一人ですから、生暖かく見守りたいものです。


(取材/文=越谷めぐみ)

※トップ画像出典:小泉進次郎オフィシャルサイト