>  > 羽生結弦、『あさイチ』で無茶ブリ対応&園芸コーナー登場! MC・井ノ原との『24時間テレビ』裏話も
TVワイドショーななめ読み

羽生結弦、『あさイチ』で無茶ブリ対応&園芸コーナー登場! MC・井ノ原との『24時間テレビ』裏話も

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
asaichi_hanyu_tum.jpg

『あさイチ』公式サイトより(リンク


 フィギュアスケート選手の羽生結弦が、8月28日放送の情報番組『あさイチ』(NHK総合)にゲスト出演。トークコーナー以外にも登場し、朝から爽やかな笑顔をお茶の間に届けた。

 番組は冒頭から、羽生の「おはようございます。8月28日金曜日の『あさイチ』です」という挨拶で放送開始。番組MCのV6・井ノ原快彦がお礼を言うと、羽生は「(セリフを)噛まなくて良かったです」と照れ笑いを浮かべた。

 羽生に対し、「朝から爽やかですね~」と褒めたのは同局の有働由美子アナウンサー。ここで、井ノ原が「ねえさん(有働アナのこと)、ちょっと服かぶってますよ」と、有働アナが羽生と同じブルーの服を着ていると指摘。笑いながら「ペアルックみたい」と優しくフォローした羽生に、有働アナは服かぶりを謝罪しながらも、敬意を表すためにロイヤルブルーを選んだと説明した。

 この日、番組宛てに届いた羽生への質問やメッセージのFAXは、オープニングの時点で6800通を超えていた。井ノ原も「(番組を)6年間やってて初めて」と驚き、台本の構成もほとんど羽生への"質問攻め"となっていることを明かした。さっそく紹介された15歳の女の子からのFAXに書かれていたのは、「夏休みの宿題はすぐ終わらせるタイプでしたか?」という質問。羽生は笑いながら「全然計画的に進まないタイプだった」と回答し、女の子には「間に合えば大丈夫です」とエールを送った。

 またFAXの中には、V6がメインパーソナリティを務め、22~23日に放送された『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)の中で、会場に駆け付けた羽生が汗を流していたところに井ノ原がハンカチを差し出したという目撃情報も。このFAXが読まれると、井ノ原はおもむろにポケットからハンカチを出し、「今日も何かあったら、いつでもスタンバイしてるから」と頼もしい表情。別のFAXには、このエピソードと共に「ハンカチは返しましたか?」という質問が添えられえており、羽生はその場で返したと話した。

 その後は、羽生が2014年のソチオリンピックで成し遂げた日本男子初の金メダル獲得という偉業が紹介され、負けず嫌いで向上心を大事にしているという真面目な話も。しかし、ひとたびFAXの質問に戻れば、羽生は寝癖が酷くて「カブトムシみたいになる」という発言でスタジオを笑わせ、「クワガタみたいになる時もある」と言う井ノ原と意気投合するなど、笑顔を絶やさなかった。

 質問のFAXは、羽生の身長についてだけで800通以上も届いており、公表されている171cmよりも高く見えるという声が紹介された。羽生は、筋肉がついてきたため大きく見えているのではないかと話したが、ここで有働アナが「NHKなので、正確なところが知りたい」と言い、物差しを使って井ノ原と背比べをすることに。しかし、物差しで測るのは困難で曖昧にしか分からなかったため、井ノ原は「NHKですからとか言いながら、めちゃくちゃアバウト」と呆れ声を上げた。

 また、FAXの中には"無茶ブリ"も多く、「長い手足を見たい」というリクエストでは、羽生がスタジオの高い所に置かれたものを取ることに。すると、「美しく取ってほしい」という有働アナに、井ノ原も「結弦くんの右手の先と左足の先が一番離れた時が美しいと思う」と追加注文。羽生は「NHK、こんな無茶ブリするんだ」と苦笑しながらも、注文通りの美しい動きで期待に応えた。さらに、羽生がはまっているというけん玉にも挑戦したが、一発で決めることができず悔しそうにしていた。

 そんな羽生はトークコーナーだけではなく、園芸コーナーにも井ノ原に呼ばれて飛び入り参加することに。容器の中で植物を育てる"テラリウム"作りに挑戦した羽生は、緊張で園芸の先生にダメ出しされつつも、井ノ原のサポートを受けながら無事に完成。羽生は終始興味深そうに先生の話を聞き、テラリウムについて「本当に小さいお庭みたいですね」と感心した。

 番組エンディングはFAXの紹介もラストスパート。羽生はテレビの前で泣いているという女性に「(涙)止まって!」と念を送ったり、"ピストルポーズ"をリクエストされて披露したりした。最後には井ノ原と一緒にアイドルウインクで番組を締めるなど、ギリギリまで視聴者のリクエストに応えた。


(提供=テレビマニア