>  > 「そして小中学生が援交や闇AVの供給源へ!」Twitter裏アカ/エロアカという現象【後編】
ノンフィクション作家・石原行雄が追う

「そして小中学生が援交や闇AVの供給源へ!」Twitter裏アカ/エロアカという現象【後編】

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、Twitter上を舞台に、驚くべき現象が起きている。
──何と、女子小中学生がヌードを自撮りし、公開する行為が大流行しているのだ。
この驚愕すべき現象について、全3回にわたって短期集中連載という形でレポートをお届けする。(ノンフィクション作家・石原行雄)

前編はこちら
中編はこちら

遊びのつもりが"プロ"の世界へ......

 さらに"落とし穴"について見てゆこう。

③フーゾクやAVに沈められる
 これは、あるスカウトマンから聞いた話である。そのスカウトマンは、お水やフーゾク、AVへ女性を入れ込んでいる男なのだが、彼によると裏垢/エロ垢が「かなり"使える"」のだという。

 考えてみれば当然である。街へ出て、無差別に女性に声をかけまくるのは、考えてみればいかにも効率が悪い。しかし、裏垢/エロ垢をやっている子なら、はじめから脱ぐ気満々、ハメる気マンマンなのである。説得の手間はほとんど無用。

 しかもただ脱げるだけではない。多くは無償でせっせとやっているのである。
「アナタが今やっていることは、僕が紹介した先でやれば、毎月100万円のお金になりますよ?」
 そう言うだけで、簡単にキャッチの一丁上がりとなるそうな。

 しかも、しかも。裏垢/エロ垢市場なら、性欲の旺盛な"ピチピチ"とした"若い"オンナであふれている。フーゾク嬢やAV嬢の青田買いもし放題である。

 こうして素人の少女はプロの女へ......。少女たちの多くは、遅かれ早かれ、立派なフーゾク嬢やAV嬢へと成長することになるのだろう。ちょっと遊びのつもりが、一生の仕事となるわけだ。

④個人情報をネタに脅迫される
 落とし穴の中でも、本当にタチの悪いのがこれ。個人情報がガッツリ特定されていて、しかも、親兄弟や友達には絶対に見られたくない画像や動画がドッサリそろっているのである。それをネタに脅迫しようという輩が出るのは、ある意味、時間の問題と言えよう。

「中高生じゃあ、それほど大金を持っていないのでは?」

 そう思う人も多いだろう。確かにそうだ。が、女子中高生ならむしろ、より大きなカネになる可能性を秘めている。

──援交を強要されて、その売り上げを搾取されるのである。

 法律で厳しく禁じられているだけに、裏の世界ではそれだけ高値が付けられて......というのは、あまりにもよくある話。こうなると、少女たちの冒険は「ただの好奇心」というだけでは終われなくなる。

 この話、現時点では具体的な被害実態の裏取りはできていないのだが、噂以上の話として、筆者の元にはいくつも届いているのが実際のところ。

 ナンパな大学生やロリコンのオッサン連中にちやほやされていい気になっているだけならまだしも、悪い大人たちに目を付けられて、取り込まれてしまったら、もうおしまい。

 結局は、裏社会でシノいでいる悪い大人たちの方が、一枚二枚どころではなく、圧倒的に上手ということである。

twitter07_900-500.jpg

写真はイメージです