>  >  > このコラムの『絶歌』≒"借り物の文章"という指摘にはまったく同感です
工藤明男コラム

このコラムの『絶歌』≒"借り物の文章"という指摘にはまったく同感です

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『絶歌』からは贖罪意識をほぼ感じられない、という指摘も確かにそうだと思います

『絶歌』を読んだ上でのちゃんとした記事。



kudoakio_zekka_0630_04.jpg

「絶歌」は遺族感情を踏みにじる危険な書籍だ 東洋経済ONLINE (リンク


ただ、同じような内容の記事が出尽くした感が否めないです。






サムネイル画像は 「絶歌」は遺族感情を踏みにじる危険な書籍だ 東洋経済ONLINEより





元関東連合幹部、大ヒット作『いびつな絆』著者である工藤明男ならでは視点で元少年A(=酒鬼薔薇)の『絶歌』を読み解く!

第一回 工藤明男から見る六本木クラブ襲撃事件と神戸連続児童殺傷事件の違いとは? はコチラ
第二回 僕も元「少年A」だった・・・工藤明男が「絶歌」をとりまく現象を思う はコチラ
第三回 元少年A『絶歌』出版における、それぞれの視点と客観性 はコチラ
第四回 『絶歌』騒動をめぐって──工藤明男がダウンタウン松本に感じた違和感 はコチラ
第五回 工藤明男が語る「酒鬼薔薇事件を担当した元判事の意見は浮世離れしている」 はコチラ
第六回 社会に波紋をなげかける本を出版する、ということの意義と弊害 はコチラ
第七回 元少年Aに顔を本名を晒せというのは大衆が「リンチして殺す」ため? はコチラ
第八回 太田出版周辺には常識のある「大人」は誰もいなかったのか はコチラ
第九回 医療少年院の矯正教育についての検証をどなたもされないようですが はコチラ
第十回 明石市市長の「不買」発言は政治的圧力でも言論の自由への干渉でもない はコチラ
第十一回 外野がすべきこととそうでないこと、そしてやってはいけないこと はコチラ
第十ニ回 著名人、芸能人のコメントなんてなんの意味もない はコチラ
第十三回 僕からしてみれば、どっちもどっちなわけで はコチラ
第十四回 『絶歌』は元少年Aの「精神崩壊の危機感」が生んだ産物なのか はコチラ
第十五回 ノンフィクションとして出版することが正解だったのだろうか彼も僕も はコチラ
第十六回 発売から2週間、いまだに世間の関心は高く...... はコチラ
第十七回 工藤明男が断言「話題の『絶歌』書評ですが、僕は評価しない」 はコチラ
第十八回 工藤明男が衝撃告白!「あと1冊書いたら僕はノンフィクションをやめる」 はコチラ
第十九回 断片的な情報から透けて見えてくる元少年Aの「乾ききった心」 はコチラ