>  > 底が見えない欲望
工藤明男コラム

底が見えない欲望

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



037ff7beda7a820c58089c12bba7fda5.jpg


木嶋佳苗被告 獄中結婚していた! 夫に「週1面会」おねだりも


 全て面に置いて僕の理解を越えているので何を言って良いのか分からないのですが、この女と獄中結婚をして何のメリットがあるのだろう?
 

木嶋佳苗の拘置所日記


 木嶋被告がブログを書いているのにも驚いたが、その内容は悲壮感がゼロで異常極まりない。娑婆にいる者でもこんな内容のブログはなかなか書けない。最初は笑ったが、暫く読んでいると吐き気を催すような不快感がある。
 上告しているとは言え死刑がほぼ確定しているような状況の中、こんなテンションの意味不明なブログを更新出来る精神状態とはどんなものなのか?


 腹が減ったら食べる。

 快感を得たくなったら性交渉をする。

 欲しい物があったら買う。

 金がなければ盗む。

 それでも足りなければ、持っている者を殺して奪う。


 自分の欲望にブレーキを掛けることなど一切せず、その衝動に一線を越えたとしても罪の意識がまるでないように感じる。そもそも、無実を訴えているのだから罪の意識など最初からないのだろうが、本当に無罪を信じているのだろうか?

 今後の裁判の中で何を喋り、刑が確定した時、木嶋被告は何を思うのか見ものです。