>  > 俺の金かえせよ!!
俺の、最後の獄中絵日記 第32回

俺の金かえせよ!!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〈前回までのあらすじ〉
2012年10月、覚醒剤の譲渡や使用などで懲役二年四月の刑をくらった後藤武二郎は、住み慣れた?小田原拘置所から、北海道は月形刑務所へ移送されてしまう。ここ月形では、どんな出来事が武二郎を待っているのか? 待望の刑務所編スタート!


俺の金かえせよ!!


0118goto02.jpg

2013年(平成25年)1月某日

作業中にまた連れ出されたよ。

どうやら向かう先はまたしても取り調べ室だ※1

オイオイ。来庁調べじゃないだろうね。

通されると、私服の男がひとりあらわれて自己紹介。

なんと横浜刑務所の者だという。

何かと問えば、北海道への移送の際に領置金※2を1万円多く持たせてしまい、それを返還してもらいに来たというのだ。

そのためだけわざわざ飛行機に乗ってやって来たのかと聞くと、「我々には死活問題だから」と......。

そんなことが死活問題のはずないだろ。

そもそも横浜から北海道まで来るのに1万円以上かかってるだろ。

これぞ、お役所仕事だよ。

しかし「1万円多く持たせた」っていうのは本当の事なのか?

俺が口を開く前に月形の刑務官もこう言ったよ。
「所持金確認で指印するとき、わかるもんでしょう」

そうなんだよ! 横浜刑務所側の間違いのはずなのに、俺が騙したみたいな扱いだもんネ。

オイ泥棒、俺の金かえせ!!


※1 前回の来庁調べのエピソードは「連載第8回」に参照のこと
※2 受刑者が刑務所に預けた金品のこと。刑務所では自分の金であっても所持することが禁止されているため、刑務所が保管して出所時に返還する