>  > 繁華街でさまよう家出少女に近づく、モテない男たち。その哀しい関係とは

繁華街でさまよう家出少女に近づく、モテない男たち。その哀しい関係とは

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近頃、モテない男が多い。不景気のせいで働いても金が稼げない。真面目に仕事をしていても、魅力がない男は彼女も作れないし結婚もできない現実がある。そんな中で家出少女と出会い、はたまた同棲までする一味違うモテない男たちが急増しているのだ。

 あてもなく繁華街を彷徨う家出少女。新宿は、アルタ前ロータリー広場、歌舞伎町旧コマ劇場前、区役所通りにあるカフェAYA、西武新宿駅前。渋谷は、ハチ公前、モアイ像前、センター街、道玄坂。池袋は、東池袋中央公園、池袋西口メトロポリタン前噴水公園。筆者的にはやはり新宿が圧倒的に沢山の家出少女がいると感じる。

住む場所も金もなく、傷ついた心でさまよう家出女

 家出少女の大半は、家庭内不和などが原因で、家にいられなかった傷心の少女たちである。スーツケース一つに衣類を詰め込み、街を彷徨っている。よく見れば幼い顔に無理に厚い化粧をしていることや、荷物が妙に多いことが分かる。

 家出少女たちは、住む場所がなくお金がない。昼職で働くのは難しいし、自立して暮らすには稼ぎが足りなすぎる。キャバクラや風俗でも、警察の取締強化からの相次ぐ摘発の影響で働かせてもらえない。年齢を誤魔化させて18歳以下を雇うことは、店側はリスクが大きすぎるのだ。

家出01.jpg

アルタ前ロータリー広場は家出少女のメッカだ

 なので、どこにも行き場がなく泊まる場所を探している。泊まる場所が無いので、ナンパ待ちをするしかないのだ。だが、家出少女も、さすがにヤクザやホストには警戒をする。何をされるか分かったものではないからだ。よっぽどの馬鹿じゃなければ、家出少女もそれぐらい分かっている。そう、家出少女たちはそれ以外のナンパを求めているのだ。街で家出少女っぽい娘を見かけたら、話しかけてみるといい。

「何してるの?」

「大丈夫?」

とか、それだけでOK。単純にその程度の声をかけるだけでいい。家出少女だったら笑顔で喜んで返事をするだろう。反応が悪かったら、おそらく家出少女ではないので適当にスルーしよう。