>  > JYJ東京ドーム公演で問題勃発 東方神起時代の曲を「全部僕たちの歌」

JYJ東京ドーム公演で問題勃発 東方神起時代の曲を「全部僕たちの歌」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大成功に見えた東京ドーム公演で起きた3つの"謎"

JYJ.jpg

 2009年7月に訴訟を起こして東方神起を脱退した3人(ジュンス、ユチョン、ジェジュン)が、11月18日~19日の2日間、K-POPグループJYJとして東京ドームで単独公演「2014JYJ JAPAN DOME TOUR ~一期一会~」を開催した。その2日間におかしな出来事が3つ起きた。

【1】グッズのガチャが販売開始直後に撤去される

■ガチャ機とテントなど大掛かりな設営

 1つ目は、JYJのミニグッズ(缶バッチ12種類、アクリルキーホルダー4種類)のガチャガチャ(1回400円)が、販売開始直後に中止され撤去されたことだ。テントの前にずらりとガチャガチャの機械が並べられ、テントには目立つ看板が掲げられ、両替を行う専用テントも準備されていた。

 前日に下見に行ったファンからの情報で、ガチャガチャをやりたいファンたちが、販売開始時刻前から列をなしていた。そこにJYJの韓国事務所CJESのスタッフがやってきて「非公式グッズ」だと説明し、販売中止と撤去を求めた。「写真を使って勝手に作った商品」だという主張だった。

■コピーライトがあるのにスタッフは「非公式グッズ」と説明

 しかし、ミニグッズには韓国事務所CJESのコピーライトが印字され、非公式グッズにはとても見えない。ガチャガチャの機械は株式会社タカラトミーアーツのものだ。

 東京ドームのまん前に、正体不明の業者が6つものテントを前日から設営することができたのだろうか。一晩の間に何かが起きたのではないだろうか。この件について、JYJ JAPAN OFFICIAL WEB SITEは何の説明もしていない。謎のまま東京ドーム公演は終わった。