>  > 徹底反論!在特会会長・桜井誠のデマ2「ツイッターでデマ拡散」
憂国我道会・山口祐二郎のひとりごと

徹底反論!在特会会長・桜井誠のデマ2「ツイッターでデマ拡散」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・前記 【徹底反論 在特会会長・桜井誠のデマ(1) 奴らを信じるな!】より

 それでは、デマを検証していこう。

ツイッタースクリーン.jpg

一枚目のスクリーンショット

 一枚目のスクリーンショット画像を見ていただきたい。「懇親会終了時に自称我道会を名乗る輩が襲撃し、女性1名が14針を縫う大けがを負っています。現在麹町署にて捜査が進んでいます。」と、桜井誠はツイッターでつぶやいている。

 しかし、これはデマである。我道会とは僕が会長をする憂国我道会のことだと思うが、襲撃をしていないし女性に大けがなんてさせていない。

ツイッタースクリーン2.jpg

二枚目のスクリーンショット

 次に二枚目のスクリーンショット画像だ。「我道会を自称する輩に襲撃され14針を縫う重症を負った女性が緊急搬送された病院の診断書とともに傷害事件として被害届を本日未明に提出しました。襲撃犯は7名とのことで早期に特定されるものと思われます。男7人による恥ずべき女性への襲撃事件に強い怒りと犯人の早急な逮捕を望みます。」と桜井誠はつぶやいている。

 これもデマである。まず、先ほども書いたように僕らは襲撃をしていない。暴力を振るっていない。僕らに襲撃された女性など存在しないのだ。

ツイッタースクリーン3.jpg

三枚目のスクリーンショット

 そして在特会らが逮捕をされた10月25日の桜井誠のつぶやき、スクリーンショット画像三枚目を見てほしい。「今年8月15日の夜にカチコミをかけてきた山口こと小松率いる我道会を自称する輩らと喧嘩になり、小松を土下座させて謝罪させたなどの行為で在特会の会員1名と関西などの他団体の方4名、計5名が逮捕されました。」と桜井誠はつぶやいている。

 在特会側だけが捕まり、憂国我道会側が逮捕されていないので被害者面は難しくなったのだろう。今度は異なるデマを流し始めたのだ。俺は土下座など断じてしていない。悪質なデマである。

ツイッタースクリーン4.jpg

四枚目のスクリーンショット

 お次は四枚目のスクリーンショット画像だ。「その行為については今後司法の判断が下るのを待つだけですが、そもそも自分から喧嘩を吹っかけておきながら、余りの弱さに返り討ちに遭い土下座謝罪までした男が訴えるなどみっともないことこの上ない話です。」と桜井誠はつぶやいている。本当にしつこいデマである。何度も書くが喧嘩を吹っかけていないし、土下座謝罪もしていない。

ツイッタースクリーン5.jpg

五枚目のスクリーンショット

 最後に五枚目のスクリーンショット画像だ。「俺を殴った奴が他にもいるんだぁ~とアホの子が喚いているそうです。喧嘩上等でカチコミかけて粋がってみたら返り討ちでぼこぼこにされて泣きながら土下座した挙句、今度はおまわりさ~んと泣きついて被害者面...呆れ果ててものが言えませんが、いったいどこまで男を下げれば気が済むのか。」と桜井誠はつぶやいている。

 おそらく、俺を殴った奴が他にもいるというこの内容は、俺が過去に書いてある『R-ZONE』の記事内容である。真相を暴露されているから心配なのだろうか? ちなみにアホの子とは、桜井誠が俺につけたあだ名である。こういった本名を書かないで誹謗中傷をするのは、名誉棄損に引っかからないようにしているためだろう。


【徹底反論 在特会会長・桜井誠のデマ3 弱気な路線変更】へ


(文=山口祐二郎)


山口祐二郎 プロフィール
1985年、群馬県生まれ。歌舞伎町ホストなどを経て、新右翼「統一戦線義勇軍」幹部に。2007年に防衛省襲撃事件を起こし、2012年に脱退。現在は作家・活動家として活躍。 著書に『ハイリスク・ノーリターン』(第三書館)などがある。
山口祐二郎の公式ブログ「火炎人間」http://yamaguchiyujiro4.seesaa.net/